リフォームで失敗しない方法がある?不動産会社に勧められたリフォーム会社には要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古マンションを購入したらリフォームをしたいと考えている方も多いと思います。

リフォームで失敗しないためにはどうしたら良いでしょうか。
今回はリフォームする時のポイントを公開します!

予算をしっかり決めること!

まずは予算を決めましょう。

その上で、自分はどういう家に住みたいか?
ということをイメージしましょう。

はじめは金額を気にせずイメージどおり、設計者に伝えることが大切です。

その後、自分のイメージの家がしっかり予算内に収まるか設計者に確認します。

もしオーバーしても、設計者がここは必要ない、など
アドバイスをもらえるでしょう。

リフォームする時は打合せを徹底的にすること!

リフォームする際は打合せを徹底することがポイント。

さらに「図面」で打合せをすることが重要です。
ご自身のイメージをしっかり設計者に伝えましょう。

あなた自身、しっかりイメージを付けておくことが大切ですよ。

リフォーム工事中に家を見に行きましょう!

リフォームが始まったら工事者に「おまかせ」はNGです!

工事が始まったらおそらく打合せすることが出て来ると思いますが、
その為に現場に行って様子を見ておくことが大切です。

素人は図面を見て理解することは出来ないことが多いと思いますが、
実際に工事をしている所をみて、さらにイメージが湧いてくる事もあります。

また、工事者も、現場に依頼主がいることで気合が入ること間違いなし。

リフォームは自分で素材を選ぶ事ができる!

リフォームをする場合、自分で素材を選ぶことが出来ます。

新築の場合は無理ですよね。(マンション、建売の場合)

もちろん、「天然素材」にこだわることも可能です。

天然素材は高くなることもありますが、
少し傷のあるフローリングなどは、安く手に入れることが出来ますよ。

床は特に、いずれは傷ついてしまうのもですから、
よっぽど新品にこだわっていない場合は
傷物を見てみるのもいいと思います!

リフォーム瑕疵保険に加入することも検討しよう

リフォームをする場合、どういった会社に頼めばいいのかわからない方も多いと思います。

不動産会社に勧められたリフォーム会社は
しっかりリフォーム会社の口コミサイトで確認しましょう。

その場合、友人でリフォームをしている人がいれば、
そのリフォーム会社を紹介してもらうのも手。

リフォーム会社を選ぶ時は、リフォーム瑕疵保険を利用できるリフォーム会社かどうか?の
確認を忘れないようにしましょう。

リフォーム瑕疵保険は国土交通大臣にしてされた会社のみが加入することができ、
万が一リフォームに欠陥があった場合はリフォーム会社が保証してくれる保険です。

この保険を利用すれば工事中やリフォーム完了後に建築士によるチェックを受けることができます。

もちろん、リフォームした部分全てが対象となりますから、
これはぜひ利用したいですね!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト