中古住宅の購入はリフォーム減税で税金を控除?減税の条件4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古物件を買おうかと考えている皆様、リフォームすることは考えていらっしゃいますか?
考えている皆様には朗報です!リフォームにより、減税することができますよ。

リフォーム減税の内容

リフォーム減税は、この制度があることを知っている事から始まります。なぜなら、自ら申請しないと、この恩恵を受けることが出来ないのです。

リフォーム減税を受けることができる要件

  1. 100万円以上のリフォーム
  2. →所得税の減税が出来ます。

  3. 耐震リフォーム
  4. →所得税と固定資産税の減税が出来ます。

  5. バリアフリーリフォーム
  6. →所得税と固定資産税の減税が出来ます。

  7. 省エネリフォーム
  8. →所得税と固定資産税の減税が出来ます。

※一定要件を満たす必要があります。

ただし、バリアフリーリフォーム省エネリフォームは重複しての適用は出来ません。

例えば、100万円以上の省エネリフォームをした場合は、どちらかの適用となります。

適用期限などもありますので、詳細は税務署に問い合わせることをオススメします。
税務署を調べる

住宅ローン一括審査申込はこちら

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト