住宅ローンを借換をすると700万円節約?簡単に借換できる方法がある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんが今加入している住宅ローンはいつ組んだものですか?

今、マイナス金利の影響もあり、金利がとても低くなっていますよね。TVや雑誌でも話題になっています。

住宅ローンの借換で700万円も得をした方もいるのですよ!
※私の友人は1000万円節約していました!!※

2009年より前に組んだ方はほぼ安くなるので、見直したほうが良いかもしれませんよ。

住宅ローンを組んだ時、色々考えたと思います。
年収、支払い期間、固定金利がいいのか、変動金利が良いのか、、その頃と現在、状況は同じでしょうか?

  • 年収に変化はありませんか?
  • お子様がいる方は今後の教育費、どのくらい掛かりそうでしょう?
  • もう就職して働いたりしていませんか?

住宅ローン借換
借換をすることによって700万円以上節約出来た方もいる、ということは、組んだ時と現在の日本の経済状況もちがいますし、もしかしたら不動産に勧められた金融機関に甘い蜜を吸われていた可能性もありますよね

昨今、借換で金利を比較しないのはもったいないです!
※ただし、単純に比較すればいいものでもありません。当然、ご自身の経済状況、今後の出費なども関係してきます。

もし700万円も節約出来たらどうしましょう?!
高級車が買える、子どもの学費に回せる、家族で海外旅行にも行ける!

家庭によって住宅ローンの組み方は様々で、わからないことが多いと思います。
ここでゴチャゴチャと文章で説明しても不明点が多くなる一方だと思いますので、住宅ローンの借換を検討したほうが良い方を挙げてみます。

借換を検討したほうが良い方

下記いずれかに当てはまる方は借換を検討したほうが良いかもしれません。

  • 残高1000万円以上
  • 残存期間10年以上
  • 2009年以前に借入をしている

住宅ローン借換に関して多い質問

わかります、その気持ち。
でも!今、とても便利なサービスがあります。

住宅ローン一括比較サービスを利用しよう!

アプリで複数の金融機関を比較することができる、特許を取得したサービスがあります。

借換の場合、今の金融機関よりも金利が下がれば必ず得なのですから、試してみる価値はあると思いますよ。

ただし、借換をする場合、金融機関によっては手数料がかかる場合があるので、今融資してもらっている金融機関に確認したほうがいいでしょう。

また、単純に金利を比較しても、自分の条件で金利を比較しなければ意味がありません。
インターネットやパンフレットに掲載してある金利は、最安値の金利です。

ということは、複数の金融機関に仮審査の申込をする必要があるのです

通常、複数の金融機関に申し込むときは何回も書類を書かなければいけませんが、こちらのサービスが1回の記入(15分〜20分)で一括で複数の金融機関に申込ができるので時間の短縮にもなりとても便利です。

住宅ローンの見直しで約700万円の節約事例も

自分の情報を入力したあと、アプリのダウンロードが必要です。
(アプリから金融機関へ申込をします)

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト