旦那に借金がある場合の離婚方法の財産分与はどうなる?分与されるものされないもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旦那に借金がある場合の離婚をするとき、
財産分与がどうなるか、気になりますよね。

財産分与だから、もしかして借金半分で自分が払う羽目になるのでは・・・?

そんな心配をしている方もいらっしゃると思いますので、
今回は旦那の借金がある場合の離婚について、ご説明します!

旦那の借金がある場合の財産分与はどうなるの?

結論からいうと、マイナスの財産は分与する必要はありません!!

財産分与とは、結婚している間にに夫婦間で築いた財産を分け合うこと。
基本的に半分ずつとなります。

財産分与は、プラスの財産を分与するので、
借金等のマイナスの財産は分与する必要がありません!

そのため、
旦那がギャンブルで作った借金、
高いブランドものを購入して支払えないお金などは、
全て旦那さんは背負うものとなります。

分与される財産もある

とは言え、お互いに借金を支払う必要がある借金もあります。

それは、生活するために借金をした分です。

生活するために必要な分を借金した場合は、
契約者や保証人になっていなくても、
お互いに借金を返済する必要があるのです。

居住用の住宅ローンなども同様です。

旦那の借金の保証人になっている場合は要注意!

要注意なのは、「保証人」です。

もしあなたが、旦那さんの借金の「保証人」になっていたら、
これは借金から逃れられません。

離婚をする、しないにかかわらず、
旦那さんが借金を支払えなくなったら、
あなたが支払う必要があります。

借金の保証人になっている場合、逃れる方法はないの?

銀行から「保証人を解除する」という承認をもらうことができれば、
保証人から外れることは可能ですが、基本的に、金融機関は保証人を解消する、ということはしません。

旦那さんが借金を返済できなくなった場合、
金融機関がお金を返済してもらえなくなるためです。

借金を理由に離婚は可能!

そもそも、借金を理由に離婚はできるの?という質問があるのですが、
こちらは「可能」です。

「借金」を理由にした離婚は多いようですよ。

ただし、話し合いで離婚ができない場合、
調停や裁判となるのですが、
もし調停や裁判となったときには、「借金」という理由だけでは
離婚できない可能性が高くなります。

もし、裁判となった場合は、「借金」によって生活が破たんし、
夫婦生活が壊れたことを証明しなくてはなりません。

証拠なども集める必要がありますので、
とても労力がかかります。

離婚が成立しても、養育費などはもらえないよね・・?

借金が理由で離婚した場合、慰謝料や養育費がもらえない、と思い込んでいる方もいらっしゃるのですが、

請求は可能です!!

ただし、借金を抱えている人がしっかり払ってくれるとは信じがたいですので、
しっかり公正証書にしておきましょう。

公正証書について

まとめ

生活のために背負った借金でなければ、
離婚をしても財産分与にはなりません。

離婚を決意したのであれば、前向きに進みましょう!

応援しています!!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト