浮気相手が本命に?不貞行為をした側からの離婚は成立するの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとした遊びのつもりが
浮気相手を本気で好きになっちゃった・・・!

自分から離婚を言い出して、
離婚は成立するのだろうか?

慰謝料はかなり払わなければならないのだろうか?

今回は浮気した側からの離婚は可能かどうか、
判例を交えてご説明しましょう!

困っている方はこちらがおすすめ
【離婚問題解決20,000人の実績】たった3日で離婚できる方法を離婚問題第一人者が遂に公開!

浮気したがわからの離婚請求は可能なのか?

離婚を突きつけることは可能です。

ただし、離婚をできるかどうかは、
相手方との話し合い、もしくは裁判所の判断となります。

相手方がすんなりOKを出せば離婚は可能ですが、
ほとんどの場合、そうもいかないのが現実です。

では、過去の裁判ではどうだったのでしょうか。

不貞行為をした側から言い出した離婚で離婚出来た判例

離婚を言い出した側からの離婚で、離婚できたケースはあります。

どういった場合かというと、すでに婚姻生活が破綻していた場合です。

婚姻生活が破綻していて、結婚生活が出来ない状況ということであれば
離婚の判決が出る可能性が大きいです。

では、婚姻関係が破綻していない場合はどうでしょうか。

婚姻関係が破綻しておらず、なおかつ相手方が離婚したくない、と言っている場合、
離婚の判決は出ないことが多いです。

その場合はできるだけ示談に持っていった方がいいでしょう。

慰謝料はどのくらいとられるの?

次に気になるのは慰謝料ですよね。
慰謝料についてはケースバイケースで一概に言えないことが多いです。

婚姻生活が破綻していない状態で、
示談で離婚が決まった場合、
多くの慰謝料を支払う可能性が高くなります。

それは当たり前ですね。

自分に否があるわけですから、
払わなければなりません。

しかし、婚姻生活が破綻していた場合、
払わなくてもいい場合もあります。

婚姻生活が破綻していた状況での恋愛は、
やむを得ない、相手方にも否がある、という判断となるのです。

ただし!
浮気相手にも慰謝料を請求出来ます。

浮気相手が慰謝料を払うケースは、
あなたがすでに結婚している人だとわかっていて浮気していた場合です。

結婚を知っていて行った浮気は悪質ということで、
慰謝料を支払う可能性がとても高いです。

100万円〜300万円程のことが多いようですが、
ケースによって幅があるようです。

結婚を本気で知らずに浮気をしていた場合、
慰謝料を支払う必要はないこともあるようですが、
「結婚している」と言われなくても、
明らかに結婚しているだろうと分かるであろう状況であった場合、
「知らなかった」と主張をしても、否があるということで
慰謝料を支払わなくてはならない場合もあります。

まとめ

自らの不倫を理由に離婚する場合は、婚姻生活が破綻していたかどうか、というところが肝のようです。

基本的には慰謝料を支払う、と思っていたほうが良いでしょう。

困っている方はこちらがおすすめ
【離婚問題解決20,000人の実績】たった3日で離婚できる方法を離婚問題第一人者が遂に公開!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト