家の近隣を歩いて相場を調べる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家の売却価格の相場を自宅近隣を歩いて調べる方法

house

私は、自宅近隣の売り物件も相場の参考にしました。

数は多くありませんでしたが、近隣の売り物件は、築年数が近いことや、土地の高低差などのコンディションも似ていて非常に参考になりました。病院、学校、スーパーまでのアクセス状況も近いことから、信憑性のある売却価格の目安になりました。

さらに、時間や曜日、天候を変えて近隣を回ることで、改めて自宅の周りの環境について気づかされることもありました。例えば、近くに水はけが悪い道がある。学校が近く、日曜日は静かなのに平日は賑やか。人通りや車通りはほとんどない・・・などなど。

地元の不動産屋さんは、こういうことに詳しく、必ずチェックしているので、価格交渉をするためには自分でも把握しておく方がよいです。

それにしても、コンディションが近い物件でも、けっこう売り出し価格はマチマチなんですね。売主さんの希望もあるのでしょうが、不動産屋の査定額からくる差もあると思います。

近隣物件を不動産売買情報サイトで発見することもある

アットホームなどの不動産売買情報サイトで近隣物件を探していると、希に「あれ?この写真に写ってる家、ご近所さんの家じゃない!?」なんてことがあるかもしれません。

もし、その売り出し物件が仲の良いご近所さんの家なら情報交換できるかもしれません。

「どこの不動産屋がオススメ?」とか「内覧何組来た?」とかお互いの状況を話し合えると心強いし、いろいろ教えてもらえると思います。

ただし、中には自宅売却を内緒にしたい人もいますので、他にも人がいるところで「家を売り出してるでしょ!?」なんて不躾なこと聞くのは止めまた方が無難です。

他に人がいない状況で、こっそり聞いてみましょう。

家を適正価格で売る法方

やる気のない不動産屋さんに適正価格以下の査定をされたら堪ったもんじゃありません。少なくとも3社以上の不動産屋さんに査定してもらって、面談した上で比較検討することが大切です

売却査定額は不動産屋さんによって大きく違います。1社に相談して査定額が低かったからといって諦めてはいけません

近所の不動産屋さんに任せっきりで2年間売れなかった我が家も、複数社に査定を依頼したことで、3ヵ月後に高値で売ることができました。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト