人気・優良不動産屋の見極め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家を売る時に大切だと思った人気優良不動産屋の見極め方

家を売るのは一大事業。不慣れな人間が失敗せずに成し遂げるのは困難です。

必ず自ら予習することが大切ですが、パートナーとなる不動産屋さんしだいで売却額やスピードに大きな差が出ることも事実です

私は、家を売るまでに5社の不動産屋さんとお会いしました。数は少ないですが、複数の不動産屋の担当者さんとお話したことで、優秀な方とそうでない方に違いがあることに気づきました。

私が会った不動産屋さんから感じたことをまとめました。

よい不動産屋さんは電話対応も気持ちいい

忙しい不動産屋さんの電話はよく鳴ります。暇そうな人より忙しそうな人の方が安心感があります。

tel

私が会った良い不動産屋さんは、電話コール音がバイブレーションかうるさくない音でした。急ぎの電話で仕方なく出るときも、申し訳なさそうに「すみません。少しだけ電話させてください」とことわってから出ておられました。

電話の相手はお客さんや業者さんだと思いますが、いずれも丁寧に対応されていました。酷いと感じた不動産屋さんは、業者への対応が横着でした。

不動産屋さんの電話がなったら、是非出てもらって対応を確認しましょう。

忙しい不動産屋さんは予定表がびっしり詰まってる

不動産屋さんと次回お会いする日程を決めるとき、相手の行動を観察してみましょう。

schedule

本当に忙しい不動産屋さんは、かならず手帳かスマホ、携帯電話などでスケジュールを確認されます。二重に予定を入れないよう、注意を払わないといけないぐらい忙しいからでしょう。

不動産屋さんが自分の予定を確認し始めたら、こっそり予定表を覗いて見ましょう。忙しい方ほど几帳面にビッチリ予定が書き込まれています。

対応がいいかげんな不動産屋さんは、予定表も確認しないで「いつでもいいですよ!お客様に合わせます!」と返事されました。こういう対応をされると、「融通がきく」と感じるより「不安」になります。

誠実な不動産屋は対応が的を射ている

よい不動産屋さんは、こちらの心情を推し量ってくれます。何が不安なのか感じ取って、先回りして説明や対応をしてくれました。

au

私は、初めに近所の不動産屋に丸投げし2年間売れない日々が続きました。その後、さらに4社の不動産屋に声をかけ、各社に今までの経緯を話しました。

特に指示した訳ではありませんが、そのうち1社は、なぜ今まで売れなかったのか資料を準備して説明してくれ、今後どうしていくのがいいかアドバイスをくれました

こういう気持ちのよい対応が複数回あり、その担当者に対する信頼が一気に大きくなりました。

最後の決め手は査定額

売却査定額は不動産屋さんによって大きく違います。1社に相談して査定額が低かったからといって諦めてはいけません。

近所の不動産屋さんに任せっきりで2年間売れなかった我が家も、複数社に査定を依頼したことで、3ヵ月後に高値で売ることができました。

私の場合は、「査定額が高い不動産屋 = 誠実でやる気のある不動産屋」でした。

私が使った一括査定はここです。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト