司法書士は心強い味方(みかた)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ややこしい家の売却ほど司法書士が重要になる

日常、登記することなんて滅多にないので、登記のプロ司法書士さんとお付き合いがある方は少ないと思います。しかし、家を売ろうと思ったら、信頼のおける司法書士さんを見つけておくと非常に心強いです

住宅関連で司法書士さんのお世話になること
・住宅ローンの抵当権の設定、抹消登記
・中古住宅を買ったときの所有権の移転登記
・新築住宅を買ったときの所有権の保存登記
・新築住宅を買ったときの表示登記
・中古住宅を解体する場合の滅失登記
・住宅ローンの借り換え
・土地の分割(文筆)、合体(合筆)の登記
・土地や家屋測量後の登記

家を売るときも買うときも登記でお世話になる

まず、家を売る場合、ローン残債がある方は抵当権の抹消登記をされると思います(家売却にかかる諸費用参照)。そして、次に中古住宅を買ったり、新築を建てる時に所有権移転あるいは所有権保存の登記表示登記抵当権設定登記が出てきます。

登記の報酬額は司法書士さんによってマチマチなので、家売却から新しい家購入までトータルでお世話になると安くなる場合があります。

もちろん、不動産売却と同じで複数の司法書士さんに登記費用を見積もりしてもらうことが大切ですが、実際に会ってみて人柄やフィーリングを確かめることも重要です。

住宅ローンの借り換えで連帯保証人を代える

住宅ローンを借り替える場合も、抵当権を付け直すので司法書士さんのお世話になります。借り替えると言えば、「利息が低い銀行に乗り換えるとき」が直ぐに思い浮かびます。

余談ですが、司法書士さんは銀行の住宅ローン利息について詳しいです。変動金利が1%を切り、昔組んだローンを借り替える人が増えたからです。

利息が低い銀行への乗り換え以外では、離婚で妻が住宅ローンの連帯保証人から外れたい場合も借り替えることがあるそうです。

借り替える際に、連帯保証人を妻以外に設定します。

良い司法書士の見分け方

私の場合、家の売却をお願いした不動産屋の担当者に司法書士さんを紹介してもらったのですが、とても誠実な方で、相談を始めて直ぐに「この人に任せよう!」と思いました。不動産屋の担当者も誠実な方だったので、類は類を呼ぶのかもしれません。

自分で司法書士を探す場合は、必ず複数事務所に見積もり依頼することをおすすめします。見積の説明を受けながら、比較検討して一番よい司法書士さんを選ぶと失敗が少なくなります。

司法書士さんのチェックポイント
説明は簡単な表現で分かりやすいか?
難しい内容も丁寧に教えてくれるか?
人柄は誠実そうか?
経験豊富か?
見積の内容は分かりやすく合理的な価格か?

信頼できそうな司法書士さんが見つかったら、家の売り買いの計画を相談してみてください。職業柄、不動産屋や建築会社、銀行などについて多くの情報を持っていたり、評判を知っておられる場合があります。

家を売るときは不動産屋さんも複数社査定が必須

不動産屋さんも、登記のことをよく知っている方が好ましいので、少なくとも3社以上の不動産屋さんに査定してもらって、面談した上で業者選択することが必須です

売却査定額も不動産屋さんによって大きく違います。1社に相談して査定額が低かったからといって諦めてはいけません

近所の不動産屋さんに任せっきりで2年間売れなかった我が家も、複数社に査定を依頼したことで、3ヵ月後に高値で売ることができました。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト