離婚で家を売るときのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚で住宅ローンが残っている家を売る時のポイント

3組に1組は離婚する時代になりました。離婚する際、持ち家はどうするべきなのでしょうか。

夫が住むにしても、妻が住むにしても、今まで夫婦で協力して返してきた住宅ローンを一人で払っていくのはしんどい・・・。

妻が家をもらって夫が住宅ローンを返していく場合は、途中で夫が滞納しないか心配・・・。

住宅ローンの残債のことを考えると、どうすべきか悩ましいことだらけですよね。

ほとんどの方は「どちらかが家に住み続けるより、後の禍根を残さないためにも売却して清算してしまおう」と考えるのではないでしょうか。

住宅ローンが残っている家やマンションは売れるか?

離婚で連帯保証人から抜けることができるのか?

夫の名義で住宅ローンを借り、妻が連帯保証人や連帯債務者になっていることってよくあると思いますが、離婚するとき妻が連帯保証人や連帯債務者から外れたいと思ったとしても、なかなかこれが難しいのです。

rentai

夫婦が離婚するとそれで縁が切れたように思いますが、住宅ローンに関しては債務者である夫と連帯保証人(あるいは連帯債務者)である妻、双方が個別に銀行と契約を交しているため、離婚しようが妻と銀行の契約はそのまま続くのです。

連帯保証人、連帯債務者いずれの場合も、銀行などの債権者とよく相談し、代わりの保証人や債務者を立てるか、住宅ローンを他の金融機関で借り替えるなどの措置を取らなければいけません

ポイント!

連帯保証人や連帯債務者から抜ける場合は代わりが必要。

住宅ローンを借り替えて新たに連帯保証人を立てる方法もある。

離婚するとき家を売れる場合、売れない場合

家を売ったお金で住宅ローンの残債を全て返せる方は問題なく家を売れます。売ったお金だけで足りなくても、無理の無い範囲で貯金を使ってローン完済できるのであれば、ローン完済して家を売却してしまった方が安心できます。

overloan

しかし、住宅ローンを返しきれない場合(オーバーローン)は売ることができません。抵当権が付いて担保に入ったままの住宅なんて、誰も買いたくないですよね(><)。

こういう場合は「家が売れたら優先して住宅ローン返すから、抵当権外してください!」と銀行などの債権者に相談する方法があります。この方法を【任意売却】といいます。

ただし、住宅ローン滞納など切迫した状況にならないと、銀行が任意売却に応じてくれる可能性は低くいです。

オーバーローンになりそうなときは、できるだけ専門家に相談しましょう。ただでさえ複雑な不動産売却と住宅ローンのことを素人が独りで悩んではいけません。

たとえ1時間1万円の相談料を払ってでも、不動産屋や司法書士、税理士など、不動産売却と住宅ローン両方に詳しい専門家にアドバイスを求める方が良いと思います。

ポイント!

家売却の査定額+仲介手数料+諸費用<住宅ローンの残債額」は検討が必要。

オーバーローンになる場合は任意売却できないか検討する。

オーバーローンの場合はできるだけ専門家に相談する。独りで悩まない。

競売は絶対避けたい!任意売却の方がメリット多い

離婚すると、今まで1つだった家計が2つに分かれます。子どもがいたりローンがある場合、それぞれの生活は今まで以上に苦しくなると思います。場合によっては、債務者たる元夫が住宅ローンや養育費を払えなくなるかもしれません。

万が一、住宅ローンの滞納が続くと、銀行などの債権者は【競売】という方法で家を売りますが、このやり方だと相場よりかなり安い値段になることがあります。さらに時間と手間もかかるので、債務者だけでなく銀行にもメリットがありません

keibai

それに比べて任意売却の場合は、早期に相場に近い値段で売ることができるため、銀行が相談に乗ってくれる場合があります。残った住宅ローンも無理の無い返済計画で返していけるので、債務者にとっては競売よりはるかにメリットがあります。

うちの次女は離婚で分譲マンションを売ろうとしましたが、住宅ローンの残債額が大きくて売却益だけでは住宅ローンを返しきれそうになく、任意売却する意思も無かったので今も夫が住み続けています。

住宅ローンの保証人である次女は、元夫がローン返済を滞納しないか常に心配しています。

住宅ローンが払えなくなり競売にかけられそうになったら任意売却できないか検討する

離婚で家を売るときは必ず経験豊富なプロに相談すること

妻が連帯保証人や連帯債務者から外れたい場合も、家を売っても住宅ローンが残りそうなので任意売却する場合も、銀行などの債権者の同意なしには進みませんので、まずは相談から始めましょう。

不動産屋さんも、任意売却のことをよく知っている方が好ましいので、少なくとも3社以上の不動産屋さんに査定してもらって、面談した上で業者選択することが必須です

売却査定額も不動産屋さんによって大きく違います。1社に相談して査定額が低かったからといって諦めてはいけません

近所の不動産屋さんに任せっきりで2年間売れなかった我が家も、複数社に査定を依頼したことで、3ヵ月後に高値で売ることができました。

私が自宅を売ったときに使った一括査定はここです。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト