不動産情報サイトはどこがいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に合った不動産情報サイトの選び方

「家を売る!」と決めた方は、だいたい不動産情報のサイトから見始めるのではないでしょうか?

zeikin

私もそうで、いろいろな不動産情報サイトを見て相場勘を養いました。

不動産情報サイトと言えば、すぐに思いつくのは「SUUMO」や「HOME’S」だと思いますが、他にも役に立つサイトがいっぱいあります。

たくさんあり過ぎて何を見たらいいのか迷いますが、必要としていない情報はなかなか頭に入りませんので、自分の状況に応じて適切なサイトを選ぶことが大切です

以下に、私が家の売却を進めていく中でよく使ったサイトをまとめました。参考にどうぞ。

まずはここから!不動産売却入門者の必見情報サイト

家を売ろうと考え始めた人は、まず取引価格や売れやすい家など相場勘を掴むことが大切です。

相場勘を掴むには、売り出し物件の情報が豊富な情報サイトを見るのが一番取っ付きやすいです。以下は私の使用頻度ベスト3のサイトです。

具体的な活用方法は「自宅売却価格の相場を不動産売買情報サイトで調べる方法」を参照してください。

♕1位! at home(アットホーム)

アットホーム

とにかくよく使ったサイトです。情報が豊富。鮮度もよいので、使い心地も良いです。1週間に1回は必ず見て新規登場物件のチェックをしていましたので、かなり中古物件の売買について相場勘が養われました。スマホアプリもあって使いやすいです。

参考 at home

♕2位! HOME’S(ホームズ)

ホームズ

ここもなかなかの掲載量。1位の「at home」といい勝負です。どちらかのサイトを追いかけていけば間違いなく相場の勉強になります。インテリアの販売を行う「HOME’S Style Market」や住まいの未来を考える「HOME’S総研」なんてコンテンツもあって楽しいです。

参考 HOME’S

♕3位! SUUMO(スーモ)

スーモ

不動産売買情報もさることながら、とにかくコンテンツが豊富です。「住まいのお役立ちノウハウ」は読んでいると物凄く参考になります。一通りのことはここで学べそうな勢いです。一読をおすすめします。

参考 SUUMO

具体的に家の売却をすすめたい人におすすめの不動産サイト

家を売ろうと思ったらまず勉強が大切です。相場も不動産屋の見分け方も知らなかった私は、2年間も売れ残る結果になりました。

本気で家を早く高く売ろうと思ったら、具体的な行動に出ないと前に進みません。ある程度勉強できたら、1日でも早く複数社の不動産屋さんに具体的なマイホーム売却査定を依頼すべきです。

私も一括査定サイトから4社に依頼したことで前進することができました。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト