不動産屋が儲かる仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産屋が儲かる仕組みから分かる家売却で失敗しない方法

家を売るときは不動産屋さんと契約して買主さんを見つけてもらいます。

hudousan

不動産屋さんは家の売却を成功させることで【仲介手数料】という報酬を得ますが、常に売主のよきパートナーか?と言えばそうでもありません。

不動産屋さんの仕事は大変やっかいなことが多いですが、やり方しだいで短期間に高額報酬を受け取ることができますので、中には儲け優先で売主のことは二の次という人も出てきます。

そんな不真面目な不動産屋さんにヤッツケ仕事されないために覚えておきたい「不動産屋が儲かる仕組み」についてまとめてみました。

不動産屋の仲介手数料報酬の仕組み

不動産屋さんの仲介仲介手数料は「3% + 6万円」が上限です(家売却にかかる諸費用参照)。得る方法は【片手】と【両手】の2種類あります。

例えば、あなたから「家を売って欲しい」と依頼された不動産屋Aの場合は以下のようになります。

片手

買主は別の不動産屋Bがみつけてきた場合。あなたからのみ仲介手数料をもらえる。

両手

買主も不動産屋Aが自らみつけた場合。あなたと買主双方から手数料がもらえる。

両手の場合、いっきに報酬が倍になります。不動産屋さんにとっては非常においしい状態です。

不動産屋Aが「売主も絶対に自分でみつけたい」と考えた場合、できるだけあなたの家の情報を他社から隠そうとします。

不動産屋の媒介契約の仕組み

家を売る場合、不動産屋さんと媒介契約を交した上で売主探しをしてもらいます。媒介契約の形態は3つありますが、ほとんど【一般媒介】か【専任媒介】のどちらかです。

2つの媒介形態の主な特徴は以下の通りです。

一般媒介

売主は複数の不動産屋と契約できる。不動産屋はレインズ(※)登録義務も販売状況の報告義務もない。

専任媒介

売主は1社のみ不動産屋と契約できる。不動産屋はレインズ登録義務があり、2週間に1回以上販売状況の報告義務がある。

※ レインズは不動産流通機構が運営する売出物件のデータベースで、加入する不動産屋さんなら誰でも閲覧可能です。

  • sennin
  • ippan

不動産屋さんは他社にお客さんを独占したいので、できるだけ専任媒介契約を結びたいと考えます。

不真面目な不動産屋さんは、専任媒介契約を結んだ途端(売主からの仲介手数料がほぼ確定)、買主探しを他の不動産屋さんに任せてしまいます。

さらにひどい場合、【両手】からの手数料欲しさに、他社に売り物件情報を隠しておきながら売主には「売れませんね~」などと言い値下げを提案して、安くなったところで適当な買主をみつけてくる・・・なんてことまでします。

不当値下げをされないように知識と用心が必要です。(不動産屋の悪しき慣習【囲い込み】と【売り止め】に注意参照)

不真面目な不動産屋は仲介手数料欲しさにあなたの物件を囲い込み不当値下げをさせることもある。「両手」の仕組みを知っておこう!

誠実な不動産屋をみつけるコツ

誠実な不動産屋さんをみつけるコツは、少なくとも3社以上の不動産屋さんに査定してもらって、面談した上で業者選択することです

また、売却査定額も不動産屋さんによって大きく違います。1社に相談して査定額が低かったからといって諦めてはいけません。

近所の不動産屋さんに任せっきりで2年間売れなかった我が家も、複数社に査定を依頼したことで、3ヵ月後に高値で売ることができました。

私が使った一括査定はここです。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト