空家特措法施行!空き家の定義って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【空家対策特別措置法】が施行されたけど空き家の定義って?

あれ?うちの親の家が空き家になってるけど、放っておいたら壊される?

平成26年11月27日に空家等対策の推進に関する法律「空家対策特別措置法(特措法)」が公布されていますが、平成27年2月26日から一部施行されます。

空き家解体

放っておくと倒壊しそうで危ない!
なんかゴミ屋敷になってる!
街の景観を壊してる!

そんな空き家を「特定空家等」に指定し行政が強制解体したりできる法律です。

強制解体とはアグレッシブですね。自分に関わる空き家が「特定空家等」に指定されるか気になります。

国交省「空家等対策の推進に関する特別措置法の施行期日を定める政令について

「特定空家等」の定義

どういう状態が「空き家」なのか判断が難しいと思うんですけど、下のような条件の家や附属する工作物は「特定空家等」に指定されるかもしれません。

「特定空家等」に指定されるかもしれない建築物や工作物

  • 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
  • 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
  • 適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
  • その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

WEB版の日経新聞のサイトを見ると、国土交通省と総務省は「空き家かどうかを判定する目安として、建物が1年間にわたって使われていないことを挙げた」と書いてありました。

1年間にわたって使われていないかどうかは「人の出入りの有無や電気、ガス、水道の使用実績をふまえ、年間を通じて建物が使われていないことを基準として例示した」そうです。

空き家所有者と自治体の間でいろいろありそうですが、上手に運用して、その結果を踏まえて改善して進めていって欲しいですね。

近隣に迷惑かけそうで、かつ1年以上使用実績のない家は放置せずに対策を打った方がよさそうです。

「特定空家等」に指定されるとどうなるのか?

「特定空家等」に指定された家には、市区町村が除却(解体撤去)、修繕、立木竹伐採などの措置を指導したり命令できるそうです。

また、住宅に対して優遇されていた固定資産税率も適応除外になる運びみたいです。

「特定空家等」に指定されると…

  • 強制で解体撤去されるかも
  • 固定資産税が6倍に上がるかも

空き家を早く高く売るコツ

空き家は放置すると「売れない」「貸せない」「住めない」家になります。自治体がかかえる空き家問題も勝手に止まることはなさそうです。

空き家を所有していて、売る意思のある方は早めに自分で動いた方がいいのではないでしょうか。今のところ、状況はだんだん厳しくなっています。

akiya

家を少しでも早く高く売るコツは、少なくとも3社以上の不動産屋さんに査定してもらって、面談した上で業者選択することです

売却査定額は不動産屋さんによって大きく違います。1社に相談して査定額が低かったからといって諦めてはいけません

近所の不動産屋さんに任せっきりで2年間売れなかった私の自宅も、複数社に査定を依頼したことで、3ヵ月後に高値で売ることができました。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト