住み替えの購入・売却スケジュール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住み替えは売るのが先?買うのが先?売却と購入のスケジュール

今の家を売って新しい家に住み替えたいとき、売るのが先でしょうか?買うのが先でしょうか?

結論から言えば、事情や資金内容によってケースバイケースですが、かなりちゃんとプランしておかないと大変なことになります。

おおまかな住み替えの流れはこんな感じです。

住み替えスケジュール
住み替えスケジュール

売却先行型のメリットとデメリット

売却先行型とは家の売却を先に決めてから購入物件を探すやり方です。

メリット

  • 売却金額が確定するので購入計画が立てやすい
  • 中古物件の価格が下落傾向のときに有利
  • 売り急がなくていいので買主との交渉が有利に進む
  •  

デメリット

  • 引渡しまでに新居を見つけようとすると時間的に厳しい
  • 新居未定、あるいは未完成だと仮住まいが必要になる

購入先行型のメリットとデメリット

購入先行型とは新居の購入を先に決めてから家の売却を進めるやり方です。

メリット

  • 新居をじっくり探せる
  • 新築する場合は建築期間中に売却を進められる
  • 仮住まいの心配がなくなる
  •  

デメリット

  • 売り急ぐことになりやすく家の売却額値下げ要因になる
  • 売却が遅れると住宅ローンが旧自宅と新居の二軒分になることも
売却先行型も購入先行型もそれぞれメリットとデメリットがある。事情や資金に合わせて慎重に選択しよう!

理想は売りも買いも間を空けずに清算して引渡し

私が家を買い換えたとき、旧自宅は少し住宅ローンが残っていました。銀行の担当者さんが言うには「住み替えのときローンが残っている人が多い」そうです。

預金で繰り上げ返済できる人はいいですが、家を売ったお金で住宅ローンを返して次の物件を購入する方もたくさんいます。

そういう場合は旧自宅売却の決済の直後に新自宅購入の決済がおこなえるとベストですが、これがなかなかうまく行きません。私も勉強不足で売りが遅れてしまいました。

ここで大切になってくるのが不動産屋選びです。

不動産屋さんによっては、絶妙な売り出し価格設定で旧自宅売却決済と新自宅購入決済のタイミングを合わせてくれるそうです。

例えば、相場より少し高めに売り出して市場の反応を見ながら対応してくれます。こちらはその間に新居を探すことができます。

なかなか購入希望者が出てこない場合

しばらく様子を見ながら、新居が決まりそうになってきたら反応が出そうな価格に下げます。

あまり頻繁に価格を下げると「この家人気ない?何か問題がある?」と思われるかもしれませんので注意が必要です。

購入希望者が出てきて値段交渉が入った場合

ぜんぜん新居が決まりそうになければ交渉に応じません。新居が決まりそうなら交渉に応じましょう。

価格交渉に応じずその人と契約にならなかったとしても、購入希望者が現れたということは、他にも出てくる可能性が高いです。

なかなか相場より高い価格でも買ってくれる人が出てきた場合

たいへんありがたい状況です。売ってもいいと思います。引渡しまで4ヶ月とか半年とか待ってもらえないか交渉してみましょう。

待ってくれないときは、仮住まいの費用をかけてでも売った方が得か考えましょう。

住み替えは不動産屋選びが大切

住み替えはスケジュールに合わせたプランが大切です。特に旧自宅売却の方はちゃんとやらないと売れなかったり、無意味な安売りをしたりといった問題が起こります。

複数の不動産屋さんに査定を依頼して比較検討することで、段取り上手かつ適正価格で家を売ってくれる業者をみつけましょう。

近所の不動産屋さんに任せっきりで2年間売れなかった我が家も、複数社に査定を依頼したことで、3ヵ月後に高値で売ることができました。

私が使った一括査定はここです。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト