住み替えを成功させる3つの条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家を売るとき意識しておきたい住み替えを成功させる3つの条件

住み替えをした方たちと話をしてみると、みんなが口をそろえて言うのが「めちゃくちゃ大変!」です。ひとつも問題が起こらずに引越しまで完了した人はいませんでした。

それでも、どなたも「家を買い替えてよかった!」と感じておられ、問題も苦労の末にクリアーしておられます。

わが家も売却でつまずき大変な思いをしながら住み替えを成功させましたが、早い段階から心づもりして準備しておけば、かなり楽になるのではないかと思いました。

たとえば、以下の3つを意識すると相当苦労を減らすことができるのではないでしょうか。

①とにかく住宅ローンの残債を減らす

バブリーな時代に家を買った人はここでつまずきます。値段が最高潮のときに買って後は地価暴落。家を売っても売却代金で住宅ローンが返しきれないのです。

そうなってくると、売るのをあきらめるか、住み替え専用の住宅ローンを組んで旧自宅と新居の両方のローンを払っていくしかありません。

zansai

住み替えローンは高額所得者しか通りませんし、月々のローン支払も2軒分ですからけっこうな額になってくると思います。

参考住み替えの場合に使える!住宅ローンが残っている家を売る方法

家を買い換えるときにローンのことで悩まない人は、すでに完済しているか、残債を預貯金で払えるか、そもそも購入したときに頭金をたくさん準備してローン額を抑えた人です。

こういう方々は家の売却代金で旧自宅の住宅ローンを返したり、次の住宅の頭金を作ることができます。

住み替えたいならローンの繰上げ返済を頑張るといいです。利息を減らして総支払額を少なくする効果もあります。

②信頼できる経験豊富な不動産屋に依頼する

人によっては新居探しを依頼した不動産屋と、自宅の売却を依頼した不動産屋が違うかもしれません。買う方はハウスメーカーや工務店に依頼して新築しているかもしれませんね。

もちろん買いの方も売りの方も良い不動産屋さんに依頼しないといけません。

売りの不動産屋のチェックポイント

  • 大事なマイホームを適正価格で売ってくれる
  • いろいろな販促を使って早く売ってくれる
  • 新居代の支払決済と自宅の売却清算のタイミングを合わせてくれる
  •  

買いの不動産屋のチェックポイント

  • 後々問題が出てくるような家や土地を売らない
  • 万が一、問題が出てきたときに対応してくれる
  • 自分の要望にあった新居を探してくれる(あるいは新築してくれる)

わが家は売却で失敗しましたので、特に売りの方の不動産屋さんは大事だと思います。

③家をできるだけ高く売る

これは不動産屋さんの能力に依存するところも大きいのですが、可能な限り高値で家を売ることで住宅ローンの残債を返したり、新居購入の頭金を作ることができます。

最低限住宅ローンを返しきらないと、マイホーム売却のハードルが一気に上がります。

住宅ローンの返済が終わることで初めて抵当権が抹消され、晴れて自宅が借金の担保ではなくなるのです。その状態にならないと、債権者である銀行は自宅売却を認めてくれません。

「マイホームをできるだけ高く売る → 売却代金で住宅ローンを完済する」というのが住み替えを成功させる上で大事な条件になります。

家を売るときは複数の不動産屋に査定を依頼する

売却査定額は不動産屋さんによって大きく違います。1社に相談して査定額が低かったからといって諦めてはいけません。

近所の不動産屋さんに任せっきりで2年間売れなかった我が家も、複数社に査定を依頼したことで、3ヵ月後に高値で売ることができました。

私が使った一括査定はここです。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト