住宅ローンについて

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

住宅ローンの支払い方で損をしている?元利均等返済と元金均等返済の違い

住宅ローンの支払い方法には、元利均等法元金均等法の2種類があることをご存知でしょうか?

住宅ローンを組む時、金融機関は当たり前のように「元利均等法」の説明をしています。

最終的には「元金均等法」の支払い方法のほうが、払い込む料金は少なくなります。

「知らない」「聞いてない」という方は理解していたほうがいいと思います。
最終的に支払う金額が大きく変わってきますよ。

今回は元利均等法と元金均等法についてご説明いたします。

元利均等方と元金均等法は読み方が難しいので、以下の呼び方にしちゃいましょう!

元利均等法→金利こみこみ返済
元金均等法→元金減らし返済

簡単に説明すると、、、

元利均等法(金利こみこみ返済)
金利も合わせて、毎月◯円返済する、と決めることができます。

元金均等法(元金減らし返済)
元金を毎月◯円返済する、と決めることができます。そのため元金◯円+残高に対しての金利を毎月返済します。

結論としては、元金均等法(元金減らし返済)のほうが、支払額は少なくて済みます。

なぜなら、金利というのは、残高に対しての割合となるので、金利こみこみ返済の場合、はじめは金利しか返済していない、ということもありえるのです。

金利しか返済していない、ということは、借りたお金(元金)がほとんど返済されていないということです。

そのため、元金減らし返済の方が、確実に元金が減り、後々の金利が安くなるのです。

ただし、元金減らし返済は、毎月金利込で◯円返済する、ではなく、元金に対しての金利のため、はじめは返済額が高くなりますので、ご自身の経済状況で選ぶ返済方法を比較してみてくださいね。

154256

元利均等返済(金利こみこみ返済)と元金均等返済(元金減らし返済)の違い

  • 元利均等返済(金利こみこみ返済)とは
  • (一般的な返済方法)

    元金と利息の合計が均等になる。
    ⇒毎月の返済額が一定

  • 元金均等返済(元金減らし返済)とは
  • 元金を均等割にした額に金利を足した額を返済
    ⇒元金の減りに比例して利息が減るため、年間の返済額が徐々に減少していく。

計算で例を出してみます。
※わかりやすく月利で計算します。

例)100万円を月利10%で借りた場合

  • 元利均等返済(金利こみこみ返済)
  • (一般的な返済方法)

    ⇒毎月合計25万円返済する。
           
    1ヶ月目:合計25万円=利息10万(100万円の10%)+元金150,000円
    2ヶ月目:合計25万円=利息85,000円(85,000円の10%)+元金165,000円

  • 元金均等返済(元金減らし返済)
  • ⇒毎月元金を20万円返済する。

    1ヶ月目:合計30万円=利息10万(100万円の10%)+元金20万円
    2ヶ月目:合計28万円=利息8万(80万円の10%) +元金20万円


いかがでしょうか?

金利は残っているローン金額を元に付くものですので、元金を一定額返済していく方法のほうが、当然お得に返済することができるのです。

ただし、住宅ローン減税もありますので、ご家族の収入に合わせて検討しましょう
→住宅ローン減税の詳しい説明はこちら。
住宅ローンをお得に返済する方法「住宅ローン減税」とは?より恩恵を受ける㊙返済方法をご紹介します!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

住宅ローンをお得に返済する住宅ローン減税とは?より恩恵を受ける返済方法

住宅ローン、お得に返済する方法があるのご存知でしょうか。
納得のいくローンが組めたら、次はお得に返済する方法をご紹介します!

住宅ローン減税とは?

住宅ローン減税とはどういったものか、ご存知でしょうか?

住宅ローン減税とは、毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうち、いずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます。出典:すまい給付金

つまり、借り始めてから10年間は税金が控除されるのです!色々と計算が難しいようですが、年収650万円のご家族が4250万円を借り入れた場合、10年間で376万円も控除されるようです

保険見直し

住宅ローン減税を利用してお得にローンを返済する方法

さて、本題に入りますが、住宅ローン残高の1%が控除されるということは、残高が多いほどお得ということです。
(ただ、控除の上限は決まっていて、所得税も絡んでいますので一概には言えません。)

ローンを組むときは「早く返したい!」という思いがあるかもしれませんが、初め10年はあせらずに返していきましょう。

ただし!10年間控除できるからと言って、無駄遣いは厳禁です!

10年間が終了したら繰上げ返済用に、控除分は貯金しておくことをオススメします。

そうすることによって、より住宅ローン減税の恩恵を受けることができますよ。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!