家の売却を成功させるコツ4つ。あなたの家、必ず満足する査定額で売ることができます!

実際に家を買い、売ることまで経験した私。

家を売却するとき、たくさん失敗をしました。
本当に信頼できる不動産会社に出会うのに、とても時間がかかりました

私が実感した、家を売却する際の本当の注意点は下記です。

  • 不動産会社は絶対に複数に依頼する
  • 自分の家の相場を知る
    上記サイトにておおよその相場を知ることができます
  • 営業マンを見極める
  • 不動産業界の「常識」を知る

特に、

複数の不動産会社に査定を依頼すること
不動産業界の「常識」を知ること
営業マンを見極めること

は本当に大事です。

これが分かれば、どうして複数の不動産会社に依頼をするべきなのか?

なぜ家の相場を知ることが大切なのか?が、わかるようになります。

では、私がなにも知識がないまま大手不動産屋へ行った時のやりとりを再現します!

ゆかり初めての不動産売却!









他の不動産屋にも協力してもらい買い手を探してもらうか
を選ぶ事ができると教えてもらいました。

でも、営業マンから「うちで買い手が見つからなかったら売れませんよ」ということを言われ、
他の不動産屋とも連絡を取り合うのが面倒だったため、A社のみにお願いしました。←miss1:1社のみにしか査定を依頼しない

なんだか知識がありそうな営業マンだし、大手だし、ということで「まぁ良いか」と。(コレがいけなかった!!)

わたしの家の値段は2600万円として売りだされました。
相場よりもちょっと高い金額でした。←miss2:相場よりも高く売り出す
♦A社営業マンに言われた、家を売却する時の(間違った)心構え♦

  • 家を売却するまでには時間がかかる
  • 売れない時は値下げも検討する
  • A社で売れない時は売れない

ふむふむ。

正直、私は自分の家は絶対に売れる!と自信がありました。←miss3;物件に過剰な自信がある
家を買う時に、売却も視野に入れて買っていた為です。

しかも、相場よりも高く金額が設定されるなんて、
これはニーズがあるに違いない!と期待もしていました。

ところが、、、
待てど暮らせど家が売れません。

これには不動産屋さんのカラクリがあったのです。

私が不動産売却を失敗した理由まとめ

失敗理由1 お願いしたのがA社だけ

専門用語のため難しいと感じるかもしれませんが、単純です。

【専任媒介契約】は一社でのみ、買い手を探してもらうこと。つまり独占。
【一般媒介契約】は複数の不動産会社に買い手を探してもらうこと。

【専任媒介契約】は、営業マンと相当な信頼関係があるのであればいいですが、
信頼関係がないまま専任させると、たいてい良いことはありません。
1社のみにしか依頼していないので、不動産屋の思うがままになってしまいます。

【専任媒介契約】を勧めてくる不動産屋さんは下記の様なことを言ってくる場合もあります。

『他の不動産会社にも買い手を探してもらうと、あちこちで広告されるため、
買い手に「売れない物件なのかな?」と思われてしまいますよ。』

これは、自分達独占で私から手数料を貰いたいが為の常套句。
自社でのみで私と契約すれば、私の物件はA社のもの。

物件が売れれば、私からの手数料を手に入れることができます。

ろくに営業もせずに、運良く現れた買い手がいれば、楽に手数料が手に入るのです。

一方、複数の不動産屋に頼むことで、買い手の母数が増えます。(契約の可能性が高まる)

不動産会社の競争が始まります。(早く買い手が現れる可能性が高まる)

さらに、広告をよく目にすることでその物件が「気になる」物件にシフトする可能性が高まるのです。

不動産売買は心理が顕著に現れる分野と言われています。
TVやインターネット、雑誌などでよく広告されている商品って気になりませんか?

賃貸マンションを契約したことがある方はわかると思いますが、
インターネットでス◯モや、アットホ◯ムなどで物件を探していると、
同じ物件が何度も出てくる事があると思います。
そういう物件はおそらく、1回はクリックして詳細を見ているのではないでしょうか?

インターネットで詳細を調べてみて、やっぱり気になるから実際にお店に足を運んで実物を見てみる。

賃貸でも購入でも、人の心理は同じです。

こんなことを言っている営業マンは、
人の心理を理解していない営業マンの証拠。

即座にこの不動産会社は却下にしましょう。

これに騙されて、私は物件を売るのに時間がかかってしまったのです。

失敗理由2 物件を売るのに時間がかかってしまった

さて、私はダメな営業マンにまんまと引っかかり、物件が長期間売れませんでした。

売れないとどうなるかというと、値下げを要求されます。

売り手にはショックな言葉、「値下げ
私の家はこんなに価値がないの〜!?と落ち込む必要はありません。

これにも不動産屋の裏の顔囲い込みがあるのです。

不動産会社の「囲い込み」作戦

売却の依頼を受けた物件は、どの不動産会社も見ることができるデータベース「レインズ」に登録する必要があります。

※レインズには登録条件があり、登録が義務付けされていない条件でも、積極的に物件を登録するように言われています。

レインズに登録すると何がいいかというと、自分の家の買い手が見つかりやすくなったり、適正な市場価格を知ることができるのです。

悪巧みをする不動産会社は、登録必須の条件でも、
レインズに登録しないという会社もあるのです。

なぜなら、レインズに登録すると、他の不動産会社から買い手を紹介されることがあるからです。

手数料を稼ぐために、レインズに登録せず、自社で買い手を探そうとするのです。

失敗理由3 相場よりも高い金額で売りに出した

特に大手では相場よりも高い金額で提示してくることがあります。

「弊社のネットワークでここまで高値が付きます!」
「弊社だからこその値段です!」

こんなことを言って来たら要注意。

相場より高い物件は、そう簡単には売れません。
高いのですから当然です。

買い手が見つかったとしても「高いから」という理由で断念されていたのでは、
売れない期間が長くなるのは当然です。

もしあなたが、お金が早急に必要なのに売るのに時間がかかっていたら、
早く家を売ってしまいたいが為に、相場よりも安い金額で売らなければならないという状況になりかねません。

失敗理由4 自分の家に自信がありすぎた

私は自分の家に自信がありすぎたために、高額査定も信じてしまった節があります。

皆さんも、自分の家は高値がつくだろう、と思っていませんか?

ここに実は「所持効果」という人の心理が隠れています。

所持効果とは「所有することにより、その物への主観的な価値が高まる」こと。
つまり、実際の価値よりもいいモノに見えてしまうということです。

私は完全に所持効果に支配されていました・・・。

皆さんは家を売る前に、しっかり自分の家の相場を知っておく必要があります!

ここを怠ると、後々苦労するかもしれませんよ。

◆自分の家の価値を知ろう!
たった1分の入力で数百万円の差が出る?!
複数の不動産屋さんに査定を依頼することで、より高く家を売ることが出来ます。
査定額により相場もわかります。
家の売却を考えている方は必ずチェック!費用は一切かかりません。

家を売却する時の心がまえ

不動産を売る方に初めに言っておきたいこと。
それは、不動産選び、営業マン選びをしっかりしてください!ということです。

不動産業界は不透明なところが多く、
知識がない人を食い物にする不動産会社が多く存在します。

営業マンも適当なことを言う営業マンが多いこと!

大手だから安心?
知識が豊富な営業マンだから安心?
高い査定を付けてくれる業者は売却の腕がいい?

そういった考えをお持ちでしたら今すぐ考え方を改めましょう。

不動産会社は必ず複数社に依頼すること。
相場をしっかり把握すること。

わたしが500万円高く家を売るために利用したおすすめサイト
たった1分の入力で数百万円の差が出る?!
複数の不動産屋さんに査定を依頼することで、より高く家を売ることが出来ます。
家の売却を考えている方は必ずチェック!費用は一切かかりません。

これができれば、あとは営業マンを見定めるだけです。
営業マンの言いなりにならず、自分で判断できる知識をたくわえてくださいね。

まずは複数社への依頼と、自分の家の相場を知ることからはじめましょう!

ウッテQ。離婚を乗り切るためのお手伝いをさせていただきます

別れは決して簡単なことではありません。ウッテQでは、離婚時の心の傷を理解しています。私たちは、別居を乗り越えるためのお手伝いをする結婚相談所です。ここウッテQでは、様々なタイプのサービスを予約することで、より楽に示談ができるようにしています。辛い思いをしている方は、当社で予約できるものをご紹介します。

弁護士と弁護士の交渉 

ウッテQでは、離婚裁判中に直面するかもしれない問題からあなたを法的に保護することができる弁護士対弁護士の交渉を提供しています。この間、あなたと元彼はそれぞれ弁護士を雇い、金銭や資産、子供の親権などの問題について話し合います。私たちは全国の優秀な弁護士と提携していますので、何も心配する必要はありません。

何かに署名する前に、私たちはあなたのために雇う弁護士は、書類の上に行き、相手のすべての重要な条項を読みます。そうすることで、離婚の書類の中で起こっていることをしっかりと把握しておくことができます。

調停・個人裁判官 

離婚手続きは国や州によって異なります。ここユートQでは、当事者双方が調停を行うことができるサービスを提供しています。それは、離婚手続き全体を通して、あなたが選んだ調停人に意思決定権を委譲しているということです。調停には拘束力があり、調停者の言うことに従わなければならないということです。しかし、それはまた、あなたが裁判所にあなたのケースを取る場合は、彼らの提案を決定したり、変更することができます意味、非拘束することができます。

協同離婚 

また、このようなサービスは、共同法とも呼ばれ、あなたと元彼との間で合意して、離婚手続きを円滑に進めるための和解案を一緒に考えていくというものです。

ウッテQでは、あなたともうすぐ離婚する元彼との間で、離婚に向けての決断の場を提供します。離婚後に設定したい境界線について、結婚の専門家がご案内します。その場で簡単に誤解を解いてくれるので、ほとんどの人にとって理想的な選択肢です。

ただし、同意する前に、結婚生活の中で直面した問題点を述べる際には、透明性と正直さを明記した書類にサインをしていただきます。

カウンセリング 

離婚後の療養は大変です。ウッテQでは、離婚後の心の整理をするためのカウンセリングを行っています。パートナーのいない人生の新たな一歩を踏み出すためのセッションを提供しています。

専門家のサポート 

ユートQはメンタルヘルスの専門家と連携しています。離婚に対応するために高度な専門家の助けが必要だとお考えの方は、ウッテQにご連絡の上、社内のマリッジセラピストにご予約をお願いします。お電話かメールでご連絡いただければ、すべてお引き受けいたします。