隣の家の木が侵入している場合の査定額

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

隣の家の木が侵入している場合(越境樹木)土地は高く売却できる?

隣の家の木が侵入していることを、越境樹木といいます。

この越境樹木がある土地はどのように売却するか、ご存知ですか?

隣の家の枝を勝手に切るわけにもいきませんよね。

今回は、越境樹木の対策について、お答えいたします!

越境樹木については民法で定められている

越境樹木については、民法233条に定められています。

ただ、やはり、隣の家の住人に枝を切ってもらう、ということが書かれています。

もしあなたが隣人の木を切ってしまった場合、器物損壊になる可能性も。

隣人の木は勝手に切らないようにしましょう。

隣の家の人が枝を切らない場合は、買い手が付きにくくなることも考えられ、
土地の価格が安くなってしまう可能性もあります・・。

丁寧に隣人にお願いしてみましょう。

枝を切ってもらったらそれで解決?

もし隣人に切ってもらえた場合でも、
時間が経つと枝は自然に伸びてきますよね。

そういった場合、今後どのような頻度で枝を切ってもらうか、カットする箇所、費用の負担などなど、
細かく取り決めをすると、家を買ってくれた人がトラブルにならずに済みます。

対応をしっかりすることで、土地の値段が下がらずに済むかもしれません!

トラブルを防ぐために売買契約書に越境樹木の件は必ず記載する

家を売るとき、売買契約書を交わすことになります。
このとき、越境樹木があるのであれば、必ず売買契約書にその旨記載するようにしましょう。

もし書かないで契約した場合、あとで、
「こんなこと聞いてない!売買契約は取り消しだ!」

なんでことになるかもしれません。

後ろめたいことほど、しっかり対応して、
後々面倒なことにならないようにしましょう。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼オススメ不動産売却一括見積もりサイト