タイミング

熟年離婚は55歳までに済ませろ!熟年離婚の決め手理由

2000年頃から認知され始めた熟年離婚。

熟年離婚を検討する理由はそれぞれですが、
今回は主な離婚要因と、
熟年離婚するタイミングについて、調査しました!

熟年離婚で多い理由NO1!性格の不一致

熟年離婚に一番多い理由は、性格の不一致です。
熟年離婚に限らず、男女が離婚する上で、もっとも多い離婚原因です。

・金銭感覚が違う
・女性は家庭、男性は仕事という偏った考え
・「相手に言ってはいけない言葉」の基準
・思いやりがない

などなど、価値観の違いは、日常生活で積もり積もって爆発するケースが多いようです。

性格の不一致が原因の離婚は、慰謝料は請求できません。

参考:性格の不一致、セックスレス、別居は離婚事由になる?相手が離婚に同意しない場合に必要な5つの事由とは

旦那が家にいてもなにもしない

団塊世代に多いですが、旦那さんが仕事に行って、
いつも帰りが遅い、帰ってきても何もしない。

むしろ、食事を作って、掃除をして、それが当たり前と思っていて、
感謝の言葉もなく、命令ばかり。

そんな旦那さんに不満が募り、離婚を切り出すケースです。

増加中!男性から離婚を切り出すケース

近年、男性から離婚を切り出すケースが増えています。

理由は、妻が自分のことよりお金のことしか考えていない、
文句ばかり言う、家にいても安らげない、
自分が稼いだお金で高級ランチやスポーツジムなどに行き、
妻からは愛情を感じない、などなど。

財産分与でごっそりお金はなくなるけれど、
それでも離婚したい!という男性が急増中のようです。

介護が嫌だから

自分の親のみならず、相手方の介護をする可能性が高い場合、
特に、家庭にいる女性が多くなるケースが多のですが、
1人で介護をやることが耐えられなく、離婚するケースもあります。

介護は話し合い、協力しあって実施することが大切です。

女性が社会に出るケースが増えているから

女性が社会に出て、自分の人生を謳歌しはじめ、
男性に依存する必要がなくなったため、離婚するケースです。

不倫しているから

長年不倫していて、例えば子どもが成人するまで、など、
区切りを待っていたケース。

泥沼離婚になりがちです。

離婚は55歳までに済ませたほうがいい理由

離婚には「財産分与」がついて回ります。

退職して退職金をもらったり、一緒にいいる期間がながければ長いほど、
財産分与は複雑になります。

そのため、熟年離婚を考えているのであれば、
退職金をもらう前の55歳までに離婚することが賢明です。

財産分与について→財産分与の話がまとまらない!時効は2年って本当?

60歳で離婚したとしても、その後30年生きる可能性がある!

人生100年と言われる時代、60歳で離婚しても、
後30年、40年と生きることになります。

熟年離婚を考えているなら、余生をどんな人生にしたいか?を考え、
周囲に惑わされず、自分の道を進むと決めましょう。

熟年離婚に至る可能性がある夫婦の特徴

熟年離婚に至る可能性がある夫婦の特徴をあげてみます。

・会話が少ない
・相手への愚痴や不満が多い
・妻が自立している
・一方が介護に協力的ではない
・子どもが自立している
・感謝の言葉を伝えない

などなど、離婚に至る理由を考えれば、
上記に当てはまる夫婦は離婚に至る可能性が高くなります。

愚痴や不満が多いというケースの中には、
「思いやりがゆえのおせっかい」を愚痴や不満と勘違いしているケースもあります。

相手が愚痴や不満を言っているときは、
夫婦関係を改善できるチャンスです。

離婚したくない場合は、相手の愚痴や不満に耳を傾けてみましょう。

熟年離婚のメリット・デメリット


熟年離婚のメリット

・なんといっても開放感!すべては自分の自由にできる!
・親族と縁が切れる

熟年離婚のデメリット

・子どもの負担が大きくなる可能性
別居すると、これまでは「実家」に変えれば両親に会えたものが、
別の家に訪れる必要が出てきます。

お墓参りも同様です。

・孤独を感じる可能性がある
メリットに「自由」をあげましたが、反対に、孤独を感じる可能性もあります。

・友人関係が変化する可能性
離婚をすることで、住む地域変わったりする可能性があります。
反対に考えれば、新しい人脈を築くことができるので、
メリットになるか、デメリットになるかは、アナタ次第です。

まとめ

離婚するケースを見ていると、
女性はお金、男性は愛を求めていることが見えてきます。

不思議ですね。

男性は働いてお金を稼ぎ、女性は家庭に入る、
昔ながらの考えが逆転しているではありませんか!

時代は大きく変わっています。
様々な価値観が生まれ続けます。

離婚は珍しいことでも何でもありません。

大切なのは、自分がどういう人生を送りたいのか。

離婚に至らずとも、常にそれを考えられる人生にしたいものです。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

離婚にベストタイミングはある?状況に応じたタイミングとは?

離婚したいと思ったとき、いつ離婚しようか、
いつ離婚を切り出そうか、考えてしまいますよね。

今回は、離婚のタイミングについて、考えてみたいと思います。

離婚したいと思ったら、いつ相手に伝えればいい?

数ヶ月、数年など長い間離婚を考えている場合
DVなどを受けている場合ではないようであれば、
2人で会話ができるときに、思い切って打ち明けましょう。

長い間離婚を考えている場合、自分の中でタイミングが探し出せないことがあるので、
今週末に言おう!など、自分の中で決める必要があります。

不貞行為など、きっかけがあって離婚したい場合
これは離婚すると決めたら、早い段階で伝えたほうがいいでしょう。

不貞行為などは、時間が経つと、罪悪感が薄れてくる場合があり、
「そんなことで」なんて言われる可能性も出てきます。

相手が罪悪感を感じているうちに、離婚を切り出したほうが
相手も理解してくれやすいでしょう。

離婚に猶予期間を設けてもいいな、と思っている場合

離婚を相手には伝えるけれど、お互い改善できることがあって、
少し猶予期間を設けてもいいかな、と思っている場合は、
どこを改善したらいいか、改善できそうか、とことん話し合いましょう。

自分の意見を言って、もちろん相手の意見を聞いて、
受け入れることが大切です。

例えば、

・夫婦ふたりの時間を作る
・会話を増やしてみる
・「ありがとう」を言うようにする

などなど、さりげないことから始めることをおすすめします。

ハードルが高い目標は、挫折しがちです。

相手が変わろうとしているか、
自分も変わる努力ができるのか、
半年くらい様子を見てみましょう。

自分は離婚したい気持ちが固まっているが、相手が納得しない場合

これは、話がこじれるパターンが多いです。

相手が離婚に納得していない場合、
話し合いができるようであれば、
相手の話をきいて、気持ちを汲み取るようにしましょう。

その上で、あなたが離婚したい理由をしっかり伝え、
もし、不貞行為やDVが問題なのであれば、
その行為に対して、自覚行為があるかどうか、
確認する必要があります。

もし自覚していない場合は、自覚してもらうことからスタートです。

自分がどれだけ傷ついたのか、つらい思いをしたのか、
しっかり相手に話をするようにしましょう。

相手が話し合いに応じない場合
話し合いに応じない場合は、調停で、
第三者を交えて話し合うことをおすすめします。

離婚に納得してくれない場合は猶予期間を設けよう!

相手が離婚に納得していない場合、すぐに離婚をするのは難しいです。

相手が離婚したくない理由にもよりますが、
先にも紹介したように、お互い歩み寄る努力ができるようであれば、
半年くらい様子を見てみるのもいいと思います。

DVを受けていて離婚したい場合

DVを受けている場合、離婚を切り出したら
暴力を振るわれる可能性もあります。

相手にもよりますが、もし暴力を振るわれることが想定できるようであれば、
早急に家を出て、別居してください。

そして警察に行きDVを受けていることを話しましょう。

子供がいる場合は、学校に連絡しましょう。

DVは、相手が離婚に応じなくても、
すぐに離婚できることが多いですよ。

参考:DVで離婚したい場合どしたらいい?離婚したくない場合は?泥沼離婚を避ける方法とは

まとめ

離婚するタイミングは、ご自身の判断が一番正しいと思います。

ただ、将来を考えると、どのタイミングが良いのかなぁと、
深く考えてしまうことが多くなりますよね。

そういった方々に、このサイトがお役に立てばと思います!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

妊娠中の離婚は親権や戸籍に違いあり?体に負担をかけずに解決しよう

妊娠するとホルモンバランスが崩れ、精神的に不安定になり、離婚をするケースや、
妊娠中に男性が浮気して離婚に至ることも多々あります。

今回は妊娠中の離婚について、調査しました。

妊娠中に離婚したら、親権はどっち?

妊娠中に離婚が成立した場合は、原則として親権は母親となります。

離婚成立が長引いて子どもが生まれた場合は、
当然、親権は両親にあるので、親権の決定や、
苗字変更の手続きなどをする必要が出てきます。

子どもの戸籍はどうなるの?

離婚届けを受理してから、300日以内に生まれた場合は、
嫡出子となり、戸籍上では、父親の名前が記載されます。
(親権は原則母親です)

しかし、300日が経過してから生まれた場合は、
非嫡出子となるので、母親の戸籍に入ることになります。

そのため、相続などが対象外となり、養育費を請求できない可能性があるのです。

ですから、父親として認知してもらう必要があるのです。

養育費はどうなる?

妊娠中に離婚したとしても、養育費はもちろん請求可能です!

養育費は親権を持たない親に対して請求できますので、
非嫡出子でなければ、養育費の請求は可能です。

養育費は裁判でも請求可能です。

もし、非嫡出子となる場合、認知してもらえるかどうか、からの問題ですので、
弁護士に相談しながら対応したほうがいいでしょう。

心配しすぎは子どもへの影響にも悪いです!

情報社会となり、妊娠中の離婚、とインターネットで検索すると、
たくさんのサイトが出てきます。

その中には、

「子どもを1人で育てていけるのか?」
「離婚しか選択肢はないのか?」
「金銭的な問題は?」

といった、不安を煽るような記事がたくさん出てきます。

特に金銭面については、確かに心配かもしれません。
でも、大切なのは、「自分がどうしたいか」をしっかり判断することです。

ハッキリ言って、その気があれば、子どもは1人でも育てられます。

今は3人に1人が離婚する時代です。

片親で子どもを育てている方は実際にいらっしゃるし、
マイホームまで購入した人だっているし、
参考:シングルマザーでも家を買うことが収200万円以下でも家を買う方法
自分が離婚したいと思うのであれば、離婚してもいいんです。

離婚は、不幸なことでもなんでもありません。

それよりも、愛情がないまま離婚しないで一緒に過ごしている事が
子どもへどういった影響を与えるのか、
自分が納得しない選択肢を選んだとき生活が、子どもへどう影響するのか?

あなた自身のストレスはどうなのか?のほうが、よっぽど心配です。

離婚しなければ、子どもは幸せになる、のでしょうか?

アレコレと離婚しない理由を自分で作っているなぁ、と感じるなら
「本当は自分は離婚したくないのかな?」と感じる事もあるでしょう。

そうであれば、離婚しない選択肢を考えれば良いのです。

親が不安定になると、子どもも不安定になりがちです。

本当に子どもが大切なのであれば、
アレコレ心配するよりも、自分がどうしたいのか?を
しっかり見極めることが大切なのではないでしょうか。

まとめ

妊娠中の離婚は、実際に子どもが生まれたからの手続きよりも簡単なケースが多いようです。

あまり深刻にならず、
自分の幸せが、子どもの幸せにつながることを忘れないでくださいね。

参考記事:子どもの養育費はいつまでどれくらいもらえる?大学進学の学費は?

子どもの養育費がもらえるのは5人に1人?払い続けてもらうには?

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

転勤族が家を建てるなら今?家賃収入保証サービスも

転勤族の方には嬉しい家賃を保障してくれるサービスがはじまりました。

転勤族の中には、家を買ってもいいものかどうか?と
迷う方もいらっしゃると思います。

家を買っても引っ越をしなくてはいけない場合、
その家を賃貸にできたら収入にもなりますし、
少しは前向きになるのではないでしょうか?

2016年の春から、なんと大和ハウスや住友林業、ミサワホームが、新築戸建を購入した方に、賃貸時の家賃収入を50年間保証するサービスが始まります!

よくわからないという方に、今日は家賃収入保証についてご説明いたします。

転勤が多い方、高齢者の家を建てる方は必見です!
売らずに賃貸として貸し出す方法も検討するのもいいかもしれません。

家賃収入保証ってどんなサービスなの?

下記、日経新聞の引用です。

機構が新築段階で物件の立地や間取りなどから、月3万~7万円の最低賃料を決めて、新築から50年間、定額保証する。

持ち主から賃貸の申し込みがあれば、機構が借り上げて相場より1~2割安い賃料で転貸する。賃料の15%は機構が積立金などとして徴収し、持ち主は85%を受け取る。

入居者募集から半年たっても借り主が現れない場合は、7カ月目から機構が月々の最低賃料を支払う。賃料相場の下落で最低賃料より安い家賃しか得られない場合も、差額を機構が負担する。機構は積立金を原資とする。希望すれば自宅に戻りやすいように、3年ごとの定期借家契約になる。

要は、家を買ったけど、転勤や高齢者が施設に入ったために空き家になった。その空き家を賃貸として貸し出したい!という方に向けたサービスなのです。

将来、家を建てたときよりも賃料が下がったり、借り手が見つからない場合も定額で収入を得られるなんて、とってもステキですよね!

地方都市での住宅販売をメインに力を入れていくようです。

都内の場合は専門業者にお任せしたほうがいい場合もありますので、そこはじっくり考えたほうが良いかもしれません。

将来お金になる家の買い方も参考になると思いますのでご覧ください。

賃料保証

対象となる家は?条件は?

耐震性などで一定以上の性能を持つ新築物件が対象です。登録料1万円(税別)が必要ですが、月々の負担はありません。


マイナス金利が追い風となり、家を建てる方が増えていますね。どんどん新しいサービスが増え、家を建てるなら今がチャンスです。

ただし、家を建てる際はしっかりローンのシュミレーションを行いましょう!

「今の家賃と同じ金額のローンだから大丈夫」なんて甘い考えでは、将来ローンが払えなくなる可能性があります。家を決める前に、やることがありますよ!
返済計画が全ての土台!借金地獄にならないためのローンの組み方
《PR》
家を建てたいけど、どこのハウスメーカーに頼んだらいいかわからない、という方、まずは資料請求をしてみてはいかがでしょうか?

ハウスメーカーへ出向いてしまうと、すさまじい営業にうんざり、なんていう方も多くいらっしゃいます。

資料請求をして知識を入れてから出向き、質問したいことをしっかり考えてからハウスメーカーへ出向きましょう。

理想の家づくり。成功のポイントとは?


参考文献:日経新聞
2016年2月24日
タイトル:家賃収入50年定額保証の戸建て販売 大和ハウスなど

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!