悪徳不動産

こんな不動産は悪徳不動産!弁護士が怖くない不動産会社の手口と対処法

悪徳不動産会社には引っかかりたくないですよね。

今回は悪徳不動産に引っかからないための対策をお伝えします!

悪徳不動産会社ってどんなことをするの?

よくあるところで言うと、敷金を返金しない更新料をぼったくる、というところですが、
ひどくなると、欠陥住宅とわかっていて販売したり、そういった欠陥がありクレームをしても
理不尽な良い訳をされてなにもしてくれない、ということがあるそうです。

例えば、傾いた家を販売されたとして、

あなた「家が傾いてるじゃない!」
不動産会社「地球は丸いから、まっすぐ建てるほうが無理」

と言った具合です。

笑ってしまうような良い訳を大真面目に言ってくるから厄介ですよね。

欠陥住宅を知ってて売るというのはひどいです。

欠陥住宅は不動産会社側も知らないこともあるのですが、
自分である程度想定をすることが出来ます。

例えば、あるマンションが欠陥住宅だったとニュースが流れるとします。

そのマンションを施行した会社が建てた他のマンションも、
間違いなく欠陥住宅と思ったほうが良いです。

特に欠陥マンションと同時期に施工されていたら、
欠陥だと思って調べたほうが良いでしょう。

不動産会社はこれをわかっていて販売するのです。

もちろん、欠陥でないこともありますが、
欠陥住宅だと思って調べたほうが、欠陥を見つけやすいと思います。

さらには、床をめくったらすぐ土だった、
初心者のおじさんが説明書を見ながら建てていた、
なんてこともあるそうです。

信じられないですよね。
でもこれが現実です。

物件は雨の日にも見に行くことをオススメします。
欠陥住宅は雨漏りすることが多いからです。

また、おとり物件を利用してお客を集めることがよくあり、
これを悪徳だとしている方がいるようですが、

こんなものは可愛いもんです。
正直、不動産会社の癖です。

ほとんどの不動産会社がやっていると思いましょう。
※もちろん真面目にやっている不動産会社もあります※

不動産会社ってこんなもんなんです。
そもそも、不透明な業界だということを心得て取引しましょう。

だから悪徳不動産会社がはびこるのです。

悪徳不動産にはだまされないようにしてくださいね!

不動産会社は営業マンによって変わる!

不動産会社は営業マンで全然変わってきます。

悪徳不動産会社だとしても、その担当者がいい人だった場合、
騙されない、ということです。

しかし、その不動産会社で教育されているので
悪徳不動産会社でいい人を見つけるのは至難の業です。

悪徳不動産の見分け方

悪徳不動産会社は、見分けるのが難しいです。
ここは悪徳だ!と知るのは、トラブルが起きてからのことがほとんど。

見た目判断にはなりますが、こんな不動産会社はやめよう、というものをご紹介します。

  • 掃除されていない
  • 薄暗い
  • 営業マンがなぜか社内にたくさんいる

掃除されていなかったり薄暗いのは、
お客のことを完全に考えていません。

自分達有利の商売をしている可能性大。

また、社内に営業マンがたくさんいるのもおかしいです。

不動産会社の営業マンは、
基本的に業者訪問や物件調査、下見で外出することが多いのです。

社内が分かるようであれば、
しっかり確認しましょう。

悪徳不動産会社を見極めるのは口コミを確認し、知識を付けること

悪徳不動産会社かどうかというのは、
実際にその不動産会社で取引をした方に聞くのが一番はやいです。

信用できる知り合いの紹介、というのも信頼出来ます。

また、今はインターネットがありますので、
「不動産会社名 口コミ」などで調べてみてください。

悪徳不動産だった場合、色々情報が出てきますよ。

また、知識がないから騙されるわけですから、
知識をつければ怖いものはありません。

ぜひ、このサイトで知識を付けていただければと思います!!

もし悪徳不動産会社に引っかかってしまったら

悪徳不動産会社に引っかかってしまったら、都道府県に訴えましょう。

国土交通省のHPに、問い合わせることが出来ます。
http://www.mlit.go.jp/useful/hotline1.html

なにかあればここに相談です!

悪徳不動産会社が怖いのは、弁護士でも消費者センターでもありません。

怖いのは、免許を剥奪することができる都道府県や国土交通省です。

ここで免許を剥奪されると、法律上、一定期間、免許を再取得できなくなるのです。

その為、悪徳不動産とトラブルになった時は「都道府県知事(もしくは国交省大臣)に訴える」と
言うだけで対応が変わることは珍しくないのです。

知っておきましょう!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

家の売却で信頼できる不動産会社を必ず見つけられる方法がある!

今回は、私が無知の時に行った不動産会社A社の経験を生かし、
どうやって家を売却することに成功したか、説明いたします!

どうやって家を希望価格で売ることができたのか?

それは、自分の間違いに気づき、不動産会社のカラクリ・思惑を知り、1から家の売却をやり直したからです。

詳細はこちら
ゆかりの家の売却成功体験!500万円プラスなった方法とは?1からやり直した結果、大成功!

わたしが500万円高く売るために利用したサービスはこれ!
たった1分の入力で数百万円の差が出る?!
複数の不動産屋さんに査定を依頼することで、より高く家を売ることが出来ます。
家の売却を考えている方は必ずチェック!費用は一切かかりません。

今すぐチェックしたい方はこちら複数の不動産会社に査定を依頼!HOME4U

家を売却するにあたり間違っていた事

営業マンを信用し、1社の不動産屋にしか依頼をしていなかった
→その結果、不動産会社の囲い込みに気づかず買い手が見つからなかった

家の相場よりも高い査定額に満足してしまった
→家の相場よりも高い金額では売れない可能性の方が高い
※よく「高く家を売る方法」を記載したサイトを見かけますが、広告の可能性が高いので気をつけてくださいね。

大手不動産会社であれば安心
→不動産売却は大手だから安心ということはない(囲い込みをするのは大手が多い)
※もちろん大手不動産会社が全て悪いわけではありません!

「囲い込み」がわからない方はこちら
不動産売却の悪しき慣習「囲い込み」で損をする人とは?

もしみなさんにも上記のようなことを思っている方がいたら、要注意です!

あなたの家の売却が失敗する前に、このサイトのカテゴリ「不動産売却するなら必ず読んで欲しい記事」をぜひお読みください!
不動産売却するなら必ず読んで欲しい記事一覧

さて、私はどうしてこの過ちに気づいたかというと、私の地元の不動産会社に勤めていた友人に相談したことがきっかけです。

私「久しぶり。最近離婚して家を売りに出してるんだけど、全然買い手が出てこないんだよね〜。こんなもんなのかなぁ」

友人「どこの家?査定額は?いつから売りに出してる?」

私「練馬区で相場より高くて2600万円、4ヶ月は経ってるかなぁ」

友人「相場より高いって売れないと思うよ。その不動産屋さん怪しいかも」

私「ええ?!」

友人「囲い込みされてるんじゃない?なんていう不動産会社?」

私「大手不動産会社のA社だけど、、囲い込みってなんなの?」

という会話から「不動産A社が怪しい」と思うようになりました。

地元の友だちということもあり、不動産会社のカラクリを素人でも分かるように説明してもらい、
不動産会社は怪しい会社が多く存在することを知りました。

不動産会社のカラクリを知りたい方はこちらを御覧ください!
不動産業界について

家の売却は大手かどうかよりも、営業マンを見極めることが大切であること、複数の不動産会社に依頼することは必須だということだったのですが、どこにどうやって依頼すればいいかわからず。

家の近くに小さい不動産会社はあるものの、なんだか怪しいし、、、。

できればこの友人に家の売却をお願いしたかったのですが、
地元密着型の不動産会社に、さすがに東京の家の売却は、、、ということで、泣く泣く断念。

どうしようかなぁ、と思いネットで調べていたところ、複数の不動産会社に査定を依頼できるサービスがあることを知りました。

わたしが500万円高く売るために利用したサービスはこれ!
たった1分の入力で数百万円の差が出る?!
複数の不動産屋さんに査定を依頼することで、より高く家を売ることが出来ます。
家の売却を考えている方は必ずチェック!費用は一切かかりません。

今すぐチェックしたい方はこちらあなたの不動産いくらで売れる?【HOME4U】

「え、これって私が求めてたやつじゃん?!しかも無料。やるしかない。」

願えば叶うんですね!!びっくりしました。
見つけてすぐ申し込みました笑

私の今までの悩みは無駄だった??
本当にネットって便利ですね。

これを入力するだけで複数の不動産会社に私の家の情報が送られて、複数の不動産会社から査定額が届くんです!

私は査定額が届いた不動産会社に全部会って話を聞きました。

当然、気に入った不動産会社にだけ話を聞くこともありとは思いますが、なるべく会って話を聞いたほうがいいと思います。

何千万が手に入るかもしれないのですから!このくらいの苦労はなんのその!

何千万円の世界だからこそ、不動産の誤差って、きっと何百万円の世界。

例えば200万の誤差があったら、その200万円で何ができるでしょう!

世界一周できるかもしれません。
車1台買えるかもしれません。

この誤差をミスミス逃すわけには行かない・・・!

こうして全ての不動産会社に会い、1からやり直しました。
しっかり相場も調べ、私の家の相場は2400万円くらいと判明。

すると、4ヶ月待っても現れなかった買い手が、2週間程で現れました。。
今までの時間はなんだったの〜!?

A社に怒りがこみ上げるばかりですが、
大人なので我慢しましたヽ(`Д´)ノ

一括査定サービスを利用して気をつけること

それは「査定額」を見極めること。

査定額が届いたら注意して欲しい事があります。
一番高い査定額を出した不動産会社」と「一番低い査定額を出した不動産会社」を省くようにしてください。

一番低い査定額の不動産会社はもちろんなしです。

問題は一番高い査定額を出す不動産会社。
相場より高いと感じたら要注意。

不動産会社が出す査定には3種類あります。

販売査定
→物件の魅力を最大限に引き出して付けられる査定額。売却には時間がかかる。

標準査定
→3ヶ月程度で売却できる値段を想定してつける平均的な査定額

買取査定
→買い手を探すのではなく、直接不動産会社が買い取る価格。標準査定より2〜3割安い価格になる。

一番高い査定額を出す不動産会社は「販売査定」を提示している可能性が高いです
よくよく考えると、販売に時間がかかるということは、必ず不動産会社に「値下げ」を提案されます。

ということは、たいてい値下げ後は「標準査定」になるわけです。

高額な「販売査定額」を出してくる不動産会社は、ユーザーを引き寄せるための「エサ」であることがほとんど。

こういった考えの不動産会社は「囲い込み」を行う不動産会社が多いのです。

もし囲い込みをされてしまった場合、さらに売れる記事が長引く可能性がありますので、
もしかしたら他社が出していた標準査定額よりも、さらに安値で売却する可能性もあるのです。

「販売査定」を提示してくる不動産会社は「囲い込み」とセットととらえたほうが良いでしょう。

信頼できるのは、相場の金額を提示してきた不動産会社

「標準査定」は3ヶ月程度で売却することを見込んだ、計算された査定額です。
この査定額よりも一般的には高く売れることがほとんど。

「家を高く売る方法」の類のサイトにだまされないでください!

こういったサイトでは必ず、一番高い査定額の不動産会社を勧めています

でも、上記で説明したように、高額査定をしてくる不動産会社は至って怪しいのです。

例えば、あなたが1本100円の普通の鉛筆を持っていたとします。

この鉛筆を「500円で買う人を見つけてあげるよ!」という人が現れたとします。

500円で売れたらあなたは400円儲けます。

「お願いします!」とその人に頼んだところで、誰もが100円の鉛筆とわかっているにもかかわらず、500円で買う人がどのくらいいるでしょうか。

おそらくほとんどいないと思います。

ましてや家となれば何千万の買い物です。
相場より高く買うということは、その家に相当な魅力がなければ、ほとんど可能性がないのです。

買い手がいなければ、その査定額に意味はありません。

上記でも説明したように、「高額査定」をする不動産会社は疑ったほうがいいです。

しっかり計算された「標準査定」を提示してきた不動産会社にお願いすることが、結局は一番高額となる可能性が高いのです。

(ただし営業マンの見極めは大事)
家の売却で重要なのは営業マン!大手不動産会社かどうかは関係ない

複数の不動産会社に依頼をする理由は、あなたの家を理由なく高額な査定を付けてもらうためではありません。

信頼できる不動産会社、営業マンを見つけるためなのです。

わたしが500万円高く売るために利用した信頼できるサービスはこれ!
たった1分の入力で数百万円の差が出る?!
複数の不動産屋さんに査定を依頼することで、より高く家を売ることが出来ます。
家の売却を考えている方は必ずチェック!費用は一切かかりません。

今すぐチェックしたい方はこちら複数の不動産会社に査定を依頼!HOME4U

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!