特約

癌になったら住宅ローン免除は本当?損する可能性も?!

癌になったら団信の免除ができるものがあるって本当?

住宅ローンを組む時、団信に入ることがほとんどだと思いますが、
最近は様々な特約が付いていますよね。

三大疾病、八大疾病、がん団信などなど・・

銀行が医療団信に着目し、差別化を図ろうとしたためこういった広がりを見せています。

でも、本当に病気になったら住宅ローンは免除されるの?

そう思う方は少なく無いと思います。

しっかり内容を把握してから契約するようにしましょう!

免除要件のハードルは高い!!

住宅ローンが免除になるくらいですから、当然、免除要件のハードルは高くなります。

例えば、上皮内がんを除くガンになった場合、医者からの「診断確定」だけで住宅ローンは免除されますが、急性心筋梗塞や脳卒中は、医師が後遺症や労働制限が必要だと判断する「所定の状態」が60日以上続かなければゼロにならないのが一般的です。

重度慢性疾患も同様で、いかなる労働もできない「就業不能状態」が1年以上続かないとローンは全額弁済されません。

急性心筋梗塞や脳卒中は、「所定の状態」が60日以上とありますが、殆どの場合、60日以内に回復するか、もしくは亡くなるかのどちらかが多く、当然、60日以内に回復すれば免除の適用はありません。

住宅金融支援機構や三菱東京UFJ銀行、りそな銀行などの商品では、急性心筋梗塞や脳卒中は手術(入院)だけで残債がゼロになるものもありますが、こういった商品はほとんどありません。

一旦回復をしたら免除されないのですから、就業が不可能でお給料が入らなくても、住宅ローンの支払いは続くのです

通常、特約のついた団信は金利に上乗せして払うことがほとんど。0.1~0.4%ほど多く利息を払うことになります。

金利を上乗せして払っているのに、いざという時は住宅ローンが免除にならない。

こんなことにならないよう、しっかり内容を確認してくださいね。

住宅ローンをどこの金融機関で借りようかと検討している方、必ず複数の金融機関を比較することをオススメします。

ただし、金利を比較するだけでは意味がありません。金利はその人の年収や条件によって大きく変わります。

自分だけの条件で金融機関を比較する、ということがとても大切なのです!

自分だけの条件で金利を比較するサービスはこちら

このサービスは借りようと考えている金融機関の審査に通るか通らないかもわかるため、効率的に金融機関の比較が出来ます。

住宅ローン比較

自分だけの条件で金利を比較するサービスはこちら

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

団信は3大疾病特約をつけるべき?特約をつけるか見極める方法

団信とは団体信用生命保険の略です。

ご存知とは思いますが、一家の大黒柱がもし亡くなってしまったり、働けない状態になってしまった場合に、生命保険会社が代わりに家のローンを支払ってくれるというものです。

民間の金融機関やフラット35でローンを借りる場合、団信の加入が条件となっている事が多いですね。

最近、団信の特約の種類が豊富で、特約を付けるか付けないかで悩む方が多いようですが、
特約が適用できる場合の詳細をしっかり確認せずに、特約を付ける方が多いようです。

これはとても無駄な支払いになりかねませんので、
適用される時期や内容はしっかり確認しましょう!

3大疾病特約はつけるべき?

今は「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」の3大疾病特約や7大疾病特約が付いている団信もあるようです。

これを付けるかどうか迷う方が多いようですね。

最近ではローンの債務者だけでなく、配偶者ががんと診断されても100万円を受け取れる特約を始めた銀行もあるようです。

団信はほとんどの場合、保険会社を自分で選ぶことは出来ません。
保証してもいい、と思ってくれた保険会社が手を上げてくれて、初めて加入することが出来ます。

その保険会社によって特約は様々ですので、きちんと把握されたほうが良いです。

例えば、がんの特約がついていたとしても、末期ガンで身動きができない場合はローンの残高を精算します、といったものもあります。

そもそも団信は働けない状態になるとローンの支払いをしてくれる保険なので、特約を付けても付けなくても正直変わりがないものもあったりします。

この特約は、金利0.2〜0.3%程上乗せしていたり、銀行負担だったりと様々です。

0.2〜0.3%の違いと言えど、住宅ローンの金利0.2%の違いは相当なものです。
「特約があったほうが安心!」と安易に考えずに、しっかりと内容を確認しましょう。

ご自身が今加入している保険も見直しましょう!

金融機関
結婚している方の場合、すでに生命保険に加入している方が多いと思います。

現状加入している生命保険に、住宅資金の保障額が含まれていないか確認しましょう。
もし加入している場合、団信にも加入すると二重払いになってしまいますよ!

保険料が安くなった分、繰上返済に使用したり、子どもの学資保険にも回せるかもしれません。

保険の見直しをどうしたら良いかわからない、という方は、専門家に無料相談してみましょう。

私も相談したことがありますが、無理に保険を進めてきたりすることはありませんでした!

とってもオススメのサービスです。
保険の見直しはこちらから!「保険のビュッフェ」

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!