見分け方

良い不動産会社と悪い不動産会社の見分け方はある?見分けるポイント2つ

良い不動産会社と悪い不動産の違いはどこにあるのでしょうか。

はっきり言って、大手だとか、規模が小さいとか、
そんなものは関係ありません。

実際に契約をする前に「こんな対応をされたら辞めたほうがいい」ということを今回はご紹介いたします!

悪い不動産会社はどんな対応をする?

悪い不動産会社は大きく分けて、会社の問題と営業マンの問題があります。

  • 会社の問題について

悪い不動産会社は下記のようなことがあります。

  • 必要な書類を取り寄せてくれない
  • 預り金を欲しがる
  • オーナーから直接預かった物件しか紹介しない

必要な書類を取り寄せてくれない業者は
「自分の仕事を増やしたくない」という理由で、そもそもお客様優先ではないですね。

預り金をやたらと欲しがる不動産会社もあります。
何するにも預り金。

大抵戻ってきませんのでご注意を。

最後の、オーナーから直接預かっている物件しか紹介しない、というところについて、すこし詳しく説明します。

まず、不動産会社は、不動産を持っているオーナーから
自分たちが直接取引ができる物件と、
他の不動産会社がオーナーから預かっている物件の2種類があります。

もちろん、自分達が直接オーナーとやり取りをしている物件は、
他の不動産会社もお客様に紹介することができるのですが、
その物件を隠す事ができるのです。

これを「囲い込み」と言います。
別の記事で紹介しているので、詳細を知りたい方はこちらをご覧ください。
参考記事:不動産売却の悪しき慣習「囲い込み」で損をする!囲い込みを避ける方法とは

簡単に説明すると、自分達が直接オーナーとやり取りをしている物件は、
他社に紹介されないように隠す事ができるのです。

そうすることで、自分達だけの独占物件として、
手数料をぶんどろう、という不動産ということ。

実は大手に多いやり口です

  • 営業マンの問題について

不動産会社は、営業マンによって良い取引ができるかどうかが決まります。
営業マンが優秀であれば、気持ちのいい取引ができます。

その為会社で選ぶよりも営業マンで選ぶようにしましょう。
参考記事:家の売却で最も重要なのは営業マン!大手不動産会社かどうかは関係ない。必ずトラブルがあると思え!

不動産会社は良くても、営業マンに問題があるかどうかを見極める場合、下記を確認しましょう。

  • 担当者がその不動産会社に何年いるか?
  • しっかり契約内容を説明をしてくれるか?

担当者が何年その不動産会社に勤務しているか、
確認するようにしましょう。

転職が多い業種ではありますが、転職するには理由があります。

  • 営業能力に問題がある
  • 問題が起こる前に転職する
  • 会社がブラックである

会社がブラックなのはしょうがないですね。

不動産会社はゴリゴリの営業会社であることが多いです。
営業能力に問題がある方は、数字に問題がある方は
会社にいることが気まずくなってやめる方もいらっしゃいます。

また、問題が起こる前に転職する方も、
信じられないですがいるようです。

例えば、、、
家を買おうと前金を払ったが、キャンセルしたために前金を返して欲しいと言っても、
なかなか返してくれない営業マンがいたそうです。

するとある日突然、こつ然と姿を消し、
前金を奪い逃げてしまった、なんて方もいるようです。

こんな営業マンにあたってしまったら最悪ですよね、、。

営業マンが信用できるかどうか、はとても重要ですね。

まとめ

不動産会社は不透明で、知れば知るほど嫌いになりそうですが、
いい不動産会社、いい営業マンに出会えれば気持ちのいい取引ができるはずです。

いい不動産会社に出会えることを祈っております!!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

こんな不動産は悪徳不動産!弁護士が怖くない不動産会社の手口と対処法

悪徳不動産会社には引っかかりたくないですよね。

今回は悪徳不動産に引っかからないための対策をお伝えします!

悪徳不動産会社ってどんなことをするの?

よくあるところで言うと、敷金を返金しない更新料をぼったくる、というところですが、
ひどくなると、欠陥住宅とわかっていて販売したり、そういった欠陥がありクレームをしても
理不尽な良い訳をされてなにもしてくれない、ということがあるそうです。

例えば、傾いた家を販売されたとして、

あなた「家が傾いてるじゃない!」
不動産会社「地球は丸いから、まっすぐ建てるほうが無理」

と言った具合です。

笑ってしまうような良い訳を大真面目に言ってくるから厄介ですよね。

欠陥住宅を知ってて売るというのはひどいです。

欠陥住宅は不動産会社側も知らないこともあるのですが、
自分である程度想定をすることが出来ます。

例えば、あるマンションが欠陥住宅だったとニュースが流れるとします。

そのマンションを施行した会社が建てた他のマンションも、
間違いなく欠陥住宅と思ったほうが良いです。

特に欠陥マンションと同時期に施工されていたら、
欠陥だと思って調べたほうが良いでしょう。

不動産会社はこれをわかっていて販売するのです。

もちろん、欠陥でないこともありますが、
欠陥住宅だと思って調べたほうが、欠陥を見つけやすいと思います。

さらには、床をめくったらすぐ土だった、
初心者のおじさんが説明書を見ながら建てていた、
なんてこともあるそうです。

信じられないですよね。
でもこれが現実です。

物件は雨の日にも見に行くことをオススメします。
欠陥住宅は雨漏りすることが多いからです。

また、おとり物件を利用してお客を集めることがよくあり、
これを悪徳だとしている方がいるようですが、

こんなものは可愛いもんです。
正直、不動産会社の癖です。

ほとんどの不動産会社がやっていると思いましょう。
※もちろん真面目にやっている不動産会社もあります※

不動産会社ってこんなもんなんです。
そもそも、不透明な業界だということを心得て取引しましょう。

だから悪徳不動産会社がはびこるのです。

悪徳不動産にはだまされないようにしてくださいね!

不動産会社は営業マンによって変わる!

不動産会社は営業マンで全然変わってきます。

悪徳不動産会社だとしても、その担当者がいい人だった場合、
騙されない、ということです。

しかし、その不動産会社で教育されているので
悪徳不動産会社でいい人を見つけるのは至難の業です。

悪徳不動産の見分け方

悪徳不動産会社は、見分けるのが難しいです。
ここは悪徳だ!と知るのは、トラブルが起きてからのことがほとんど。

見た目判断にはなりますが、こんな不動産会社はやめよう、というものをご紹介します。

  • 掃除されていない
  • 薄暗い
  • 営業マンがなぜか社内にたくさんいる

掃除されていなかったり薄暗いのは、
お客のことを完全に考えていません。

自分達有利の商売をしている可能性大。

また、社内に営業マンがたくさんいるのもおかしいです。

不動産会社の営業マンは、
基本的に業者訪問や物件調査、下見で外出することが多いのです。

社内が分かるようであれば、
しっかり確認しましょう。

悪徳不動産会社を見極めるのは口コミを確認し、知識を付けること

悪徳不動産会社かどうかというのは、
実際にその不動産会社で取引をした方に聞くのが一番はやいです。

信用できる知り合いの紹介、というのも信頼出来ます。

また、今はインターネットがありますので、
「不動産会社名 口コミ」などで調べてみてください。

悪徳不動産だった場合、色々情報が出てきますよ。

また、知識がないから騙されるわけですから、
知識をつければ怖いものはありません。

ぜひ、このサイトで知識を付けていただければと思います!!

もし悪徳不動産会社に引っかかってしまったら

悪徳不動産会社に引っかかってしまったら、都道府県に訴えましょう。

国土交通省のHPに、問い合わせることが出来ます。
http://www.mlit.go.jp/useful/hotline1.html

なにかあればここに相談です!

悪徳不動産会社が怖いのは、弁護士でも消費者センターでもありません。

怖いのは、免許を剥奪することができる都道府県や国土交通省です。

ここで免許を剥奪されると、法律上、一定期間、免許を再取得できなくなるのです。

その為、悪徳不動産とトラブルになった時は「都道府県知事(もしくは国交省大臣)に訴える」と
言うだけで対応が変わることは珍しくないのです。

知っておきましょう!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

価値の下がらないマンションを見つけるポイントは再開発エリア

マンションを買う時、時間が経っても価値が落ちないマンションを買えたら良いですよね。

価値が下がらないマンションにはどういった条件があるのでしょうか。

価値が下がらないマンションの条件とは?

  • 管理が徹底している
  • 定期的な修繕
  • 住民のコミュニティ条件が円滑
  • ブランドエリアに建っている
  • 人気のある地域に建っている
  • エントランス、廊下、外壁の質がいい

日本では広尾や南麻布、中目黒のマンションは時間が経っても価値が下がらず、
むしろ高くなっているマンションもあります。

平均で18億円のマンションが27億円まで上がったマンションも!
(18億円のマンションなんて簡単に買えないですが・・・)

注目すべきはエリア!

恵比寿、目黒、代官山、広尾などは昔から人気のエリアで、
マンションの価値が下がらない可能性が高いのです。

「人気」というのは価値が高いのですね。

注目するのは「再開発エリア」。
再開発エリアは商業施設をしたり、道路の整備が大規模に行われます。
ということは、やはり資産価値が高まる可能性が高まリますよね。

武蔵小杉、豊洲がいい例です。

豊洲はオリンピックも決まったこともあり、うなぎのぼりです。

2016年現在、注目されているエリアは
「品川〜田町」「中野駅」「築地」「飯田橋」あたりです。

こういった再開発エリアは自治体のホームページで確認することができますよ。

マンションの管理状態を確認!

マンションの売り主にしっかり、「どれくらいリフォームをしているか」を確認しましょう。

状態のいいマンションは当然、価値が高いのです!

また、管理だけでなく耐震性を確認することも大切!
詳しくはこちらをご覧ください。
耐震性は大丈夫?マンションを買うときには竣工図で裏側を確認!素人が確認できるポイント2つ

中古マンションにお宝はあるのか?

あります!

特に中古マンションにはお宝が眠ってることがあるので
ぜひ、中古マンションを探してみてください!

中古マンションにお宝がある理由は?

【理由1】価値を正しく判断できない不動産会社が多い

日本は新築物件を買うことが一般的なため、
不動産会社は中古マンションの価値を正しく判断出来ない場合が多いのです。

新築であれば2〜3割高くなり、中古になった途端「本当は価値があるのに」査定額を一気に下げてしまいます。

その為、実際の価値よりも評価が低いマンションが存在している可能性が高いのです!

【理由2】早く売りたい売り主が多い
中古マンションは「早く売りたい」と思っている売り主が多いため、
値段を下げて売りに出している売り主も多いのです。

「家を売る」というのは「お金が欲しい」「税金が払えない」「離婚した」などと
必ず理由があります。

その為、「◯日までに必ずお金が必要」という方も多くいらっしゃいます。

また、売り主が売りに出しているマンションのお金で新しいマンションを買う場合、
新しいマンションの決済までに売却を完了させている必要があります。

そういった場合は「低い査定額」で家を激安で販売していることがあるのです!

【理由3】立地がいい場所にあることが多い
新築物件の場合、新しい土地も見つけなければなりません。

そうすると、昔工場だったり埋立地に建てることがあります。

中古マンションであれば、駅チカなどの好立地にあることが多いのです!

一番は自分が納得できるマンションだと思うこと!

色々と条件を挙げましたが、一番は自分が「いい!」と思えるマンションを見つけることです。

価値あるマンションはもちろん、納得のできるマンションを買えることを祈っております!!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!