話し合い

離婚にベストタイミングはある?状況に応じたタイミングとは?

離婚したいと思ったとき、いつ離婚しようか、
いつ離婚を切り出そうか、考えてしまいますよね。

今回は、離婚のタイミングについて、考えてみたいと思います。

離婚したいと思ったら、いつ相手に伝えればいい?

数ヶ月、数年など長い間離婚を考えている場合
DVなどを受けている場合ではないようであれば、
2人で会話ができるときに、思い切って打ち明けましょう。

長い間離婚を考えている場合、自分の中でタイミングが探し出せないことがあるので、
今週末に言おう!など、自分の中で決める必要があります。

不貞行為など、きっかけがあって離婚したい場合
これは離婚すると決めたら、早い段階で伝えたほうがいいでしょう。

不貞行為などは、時間が経つと、罪悪感が薄れてくる場合があり、
「そんなことで」なんて言われる可能性も出てきます。

相手が罪悪感を感じているうちに、離婚を切り出したほうが
相手も理解してくれやすいでしょう。

離婚に猶予期間を設けてもいいな、と思っている場合

離婚を相手には伝えるけれど、お互い改善できることがあって、
少し猶予期間を設けてもいいかな、と思っている場合は、
どこを改善したらいいか、改善できそうか、とことん話し合いましょう。

自分の意見を言って、もちろん相手の意見を聞いて、
受け入れることが大切です。

例えば、

・夫婦ふたりの時間を作る
・会話を増やしてみる
・「ありがとう」を言うようにする

などなど、さりげないことから始めることをおすすめします。

ハードルが高い目標は、挫折しがちです。

相手が変わろうとしているか、
自分も変わる努力ができるのか、
半年くらい様子を見てみましょう。

自分は離婚したい気持ちが固まっているが、相手が納得しない場合

これは、話がこじれるパターンが多いです。

相手が離婚に納得していない場合、
話し合いができるようであれば、
相手の話をきいて、気持ちを汲み取るようにしましょう。

その上で、あなたが離婚したい理由をしっかり伝え、
もし、不貞行為やDVが問題なのであれば、
その行為に対して、自覚行為があるかどうか、
確認する必要があります。

もし自覚していない場合は、自覚してもらうことからスタートです。

自分がどれだけ傷ついたのか、つらい思いをしたのか、
しっかり相手に話をするようにしましょう。

相手が話し合いに応じない場合
話し合いに応じない場合は、調停で、
第三者を交えて話し合うことをおすすめします。

離婚に納得してくれない場合は猶予期間を設けよう!

相手が離婚に納得していない場合、すぐに離婚をするのは難しいです。

相手が離婚したくない理由にもよりますが、
先にも紹介したように、お互い歩み寄る努力ができるようであれば、
半年くらい様子を見てみるのもいいと思います。

DVを受けていて離婚したい場合

DVを受けている場合、離婚を切り出したら
暴力を振るわれる可能性もあります。

相手にもよりますが、もし暴力を振るわれることが想定できるようであれば、
早急に家を出て、別居してください。

そして警察に行きDVを受けていることを話しましょう。

子供がいる場合は、学校に連絡しましょう。

DVは、相手が離婚に応じなくても、
すぐに離婚できることが多いですよ。

参考:DVで離婚したい場合どしたらいい?離婚したくない場合は?泥沼離婚を避ける方法とは

まとめ

離婚するタイミングは、ご自身の判断が一番正しいと思います。

ただ、将来を考えると、どのタイミングが良いのかなぁと、
深く考えてしまうことが多くなりますよね。

そういった方々に、このサイトがお役に立てばと思います!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

DVで離婚したい場合どしたらいい?泥沼離婚を避ける方法

旦那さんに殴られる、真冬の寒い時に外に締め出される、、、

あなたは離婚したいですか?

それとも離婚したくないですか?

DVは「怖がられている」と思うとエスカレートする男性もいます。
そうでなくても、段々エスカレートし、生命の危険さえある場合もあります。

※そういった場合は一刻も早い救出が必要です。※

個人的には離婚して新しい生活をオススメしますが、
DVの一番の問題点は、依存関係にあることです。

困っている方はこちらがおすすめ
【離婚問題解決20,000人の実績】たった3日で離婚できる方法を離婚問題第一人者が遂に公開!

DVを受けている本人は離婚したいですか?離婚したくないですか?

DVの問題点は先にもあるように、依存関係にあることです。

DVを受けている女性は、いくら引き離そうとしても
「なんでも旦那に相談しないとわからない、心配」とおっしゃっていたり、
「帰らないと何をされるかわからないから」と言って、旦那の元へ帰っていくことがよくあります。

典型的な、恐怖でコントロールするDVですね。

家族や友人からすると理解できない、と思うのですが、
これは依存している証拠。

ここで無理に引き離そうとすると、泥沼離婚になったり、
逆に家族や友人と連絡を取らなくなってしまったりします。

大切なのは、自分の意思で「家を出る」と決めることです。

どうしたら依存の関係に気づくことができるのか?

依存している本人は、自分が相手に依存しているかどうか、ということを
理解していないことが多くあります。

その為、
「暴力を受けるのは自分も悪いのではないか」
「暴力がないときはとてもいい人だから」

という発言を良く耳にします。

「自分が悪い」「相手が悪い」という判断をしがちなのです。

しかし、大切なのは客観的に自分を判断すること。

まずは未来の事を考えてみましょう。

仕事がしたい、旅行に行きたい、友だちと遊びたい、、、
なんでも良いのです。

もし暴力がなくなったら何をしたいですか?
暴力がなくなったら相手と一緒に生活することはできる?

もし暴力がなくなったとしても、
恐怖で自由に生活出来ないと思ったら、
その結婚生活は終わらせた方がいいと思います。

これから何十年と一緒に生活できるでしょうか?

離婚したくない場合

相手のことが好きで離婚したくないのでしょうか?
それとも今の環境が変わるのが怖いから?(精神的にもお金の面でも)
もしくは依存している生活が楽だから?

離婚したくないという方は、おそらく「好き」という気持ちがあるのでしょう。

離婚したくないのであれば、正直、自分の人生を棒に振って、
今の生活を続けるしかないと思います。

自分で自分を変えることも難しいのに、
他人の相手を変えることは相当難しいものです。

今の生活を変えたいなら、
あなたが変わるか、相手を変えるか、どちらかしかありません。

DVをする人は外面が良いことが多い

DVをする男性は外面がよく、
家族や会社の方には気に入られている事があります。

ご家族にもいい旦那さん、と思われている事が多いのではないでしょうか。

そういったことで益々周りに相談できない、という方が多いようですね。

DVを受けやすい方の特徴

DVを受けやすい方の特徴はいくつかあります。

  • 出会ってすぐに結婚した
  • 自分に自信がない
  • 周りに相談する人がいない
  • 男性に免疫がない

いかがでしょうか?

離婚すると決めたらやること

やること1

まずは病院へ行ってください。
そして必ず診断書を書いてもらってください。

お子様にも怪我がある場合はお子様の診断書も必ずもらうこと。

やること2

警察に行って相談すること。

警察に行って相談しておくと、何かあったときにすぐに対応してくれます。
また、自宅周辺のパトロールを強化してくれたり、110番の通報がスムーズなのです。

やること3

家族や友人、兄弟にはしっかりDVの被害にあっていることを伝えること。

相手が外面が良ければ尚更です。
適当なウソをつかれて、自分が悪者にされることがありますから、
自分の周りにはしっかり根回ししておきましょう。

やること4

子どもがいる場合、学校に伝えておくこと。

子どもがいる場合、迎えに来たふりをして連れて行ってしまうことがあります。

その為、事情を伝え、自分以外の人が迎えに来ても
引き渡さないように、学校の方へ伝えておいてください。

やること5

別居すること。

持ち物
別居をする際は現金をしっかり持っていきましょう。
旦那名義の通帳、キャッシュカードは持ち出して構いません。

半分はあなたのものです。

しかし、持ち出したからと言って安心しないでくださいね。

引き出しを止められる可能性があるので、
しっかり現金にしておきましょう。

また、服など生活品を持ち出す必要もありますよね。

そういった場合、相手に見つからないように、
少しずつ持ち出す方法の他に、あまりにも危険な場合は
裁判所に保護命令を出してもらい、警察の立会で自宅に一時帰宅することが出来ます。


少しずつ持ち出してバレることもありますので注意しましょう。

相手が旅行に行ったり、出張の日を見計らって一気にすることをオススメします。

頼れる人がいない場合は、シェルターに駆け込むこともできます。

●シェルターとは?
シェルターとは、全国都道府県にあり、安全上、場所は明らかにされていません。

NPO法人によって運営されていることが多く、
2週間ほど滞在できるようです。

警察に相談すると教えてくれるでしょう。

滞在場所がバレて暴れたらどうする?

滞在場所がバレて暴れだした場合、すぐに警察を呼びましょう。

裁判所に接見禁止命令を出してもらう事もできます。
そうすると、調停や裁判は有利にスムーズに進みます。

住所変更について

郵送物などの住所変更は郵便局に話をすれば、非公開にしてくれます。

役所に届け出る時も同様です。
事情を説明して、非公開にしてもらいましょう。

代理人をつけること

DVをする相手と本人同士で離婚について話し合うことは不可能です。

その為、代理人を付けましょう。

家を出る時も、代理人の手紙を置いて家を出ます。

そして、相手方から連絡があっても一切出ないように。

電話番号を変えてしまうのも手です。

代理人との話し合いでうまくいかない時は調停となる

代理人と話し合いがうまく行かなかった場合は調停となります。

調停について詳しくはこちら
離婚調停って何をするの?流れと回数、金額は?不成立だった場合のその後は?

DVによる離婚調停は、相手方と会わない用に配慮されているはずです。

注意するのはお手洗い。
相手が聴取されているときに行くようにしましょう。

まとめ

DVを受けている方は、依存関係を断ち切る勇気が必要です。

自分の未来をしっかり見つめ、自分がどうしたいのか?
どうなりたいのか?をしっかり考えましょう。

ビクビク恐怖に怯える毎日ではなく、
あなたはあなたの人生を楽しみましょう!

社会はあなたが思っている以上に優しいです。
周りに助けを求めましょう!

困っている方はこちらがおすすめ
【離婚問題解決20,000人の実績】たった3日で離婚できる方法を離婚問題第一人者が遂に公開!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

騒音トラブルに巻き込まれないためにチェックすべき事項5つ

マンションを買う時に気になることの1つに「騒音」があるのではないでしょうか?

賃貸マンションに住んだことがある方も多いと思いますが、
マンションは壁ドン(憧れる方ではなく)や足音などがドンドンと聞こえてくることもしばしば。

寝ているときなどに音がなると怖いんですよね。

もしかしたら自分のクレームの対象になるかもしれない騒音。

今回は騒音がストレスにならない家を買うにはどうしたらいいか、ご紹介します!

マンションの騒音問題はフローリングが主流になってから起こり始めた

マンションの騒音の原因として、フローリングがあげられます。

「フローリングのマンションって普通じゃん!」

と思うのですが、昔は絨毯が主流でした。

掃除のしやすさやアレルギーがある方が増え、
近年はフローリングが主流となっています。

下記は平成25年のマナートラブル調査表です。
出典:国土交通省

住居者マナートラブル具体例 割合(%)
違法駐車 40.1%
生活音 34.3%
ペットの飼育 22.7%
共用廊下などへの私物の放置 18.4%
バルコニーの使用方法 13.1%

居住者トラブル

騒音は違法駐車に次いで2位でした。
皆さん悩んでいますね〜!

5人に3人は悩んでいる計算になります。
では騒音に悩まされないためにはどこをチェックするといいのでしょうか。

騒音トラブルを避ける為にチェックするべきポイント3つ!

1 床の厚さをチェック!
床の厚さはもちろん厚いほど音が響きにくくなります。

200ミリの厚さは欲しいですね。

床の防音の表記は「Lー◯◯」で表されます。

◯◯は数字が入るのですが、数字が小さければ小さいほど、
防音性は高くなります。

おすすめは「L-45」以下です。

2 壁の厚さをチェック!
壁ももちろん厚いほど防音性は高くなります。
こちらもやはり200ミリの厚さが欲しいです。

壁の防音性は「D-◯◯」で表記されます。
◯◯は数値が入るのですが、こちらは数値が大きいほど防音性が高くなります。
※床とは逆なので要注意※

こちらは「L-50」以上が理想です!

3 壁は厚さも大事だが工法も大事!
壁は工法にも注目しましょう。
「GL工法」という工法には要注意!

この工法は壁を2枚置く工法で、
より音が響きやすくなってしまうことがあります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-09-19_13_55_04

ほとんどの場合、直壁といってコンクリートの上に仕上げる工法が取られていますので問題はないのですが
「GL工法」という記載がある場合には注意した方がいいでしょう。

4 マンション内の騒音にも要注意!
マンションにはエレベーターやポンプ室、駐車場、エントランスなどがあります。
音に敏感な方はこういった設備の近くには住まないようにしましょう。

5 周辺の環境にしっかり目を配ること!
学校や公園には子どもが集まります。
子どもの声が苦手な方はこういった施設の近くはオススメしません。

また、線路や飛行場、工場なども音が響きますので、
事前にチェックしておきましょう。

また、夜に若者がスケボーをする地域も多くあります。

高級住宅地の公園でも集まっていることがありますので、
夜中の視察もとても重要です。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!